ネットでお金を稼ぐ方法を比較してまとめた、無料のお金稼ぎ攻略サイト。小中学生の子供から主婦、お年寄りまでできるよう、わかりやすく解説。

良質なWebコンテンツを制作する5つの方法
<ネットでお金を稼ぐ方法・上級マニュアル22>


花の飾り


このページでは、ウェブサイトで良質なコンテンツを作る上で、
注意すべき点やコツ
5つにしぼって紹介しています。


(1)キーワードを気にせず、自然な文章を作る


本文コンテンツでの目標キーワードは、
そこまで意識する必要はありません


本文コンテンツまで、
いちいちGoogleアドワーズのキーワードツールで、
ひとつひとつ単語の選定をおこなってしまうと、
堅苦しいコンテンツになってしまいます。

なによりも、その時間と労力が無駄です。


キーワードツールを使って選定するのは、
基本的にはtitleタグの中身のみ
です。

コンテンツはそのタイトルにマッチするよう、
自然な文になるよう書いていきます

文章をきっちり書くようにしていれば、自然とキーワードとなる言葉も、
コンテンツ内に入っていくはずです。


(2)表、箇条書き、絵を使う


基本的にコンテンツは、
ロングテール検索によるアクセスアップを考慮し、
文章で作っていきます。

しかし時にはサイト訪問者がコンテンツを見やすいよう、
表や箇条書き、絵などを使っていきます


表と箇条書きは、それぞれHTMLのulタグtableタグで、
簡潔に作っていきます。

表と箇条書きを使えば、
閲覧者が情報の要点をおさえやすくなる、という利点があります。

また、コンテンツを作っている側からしても、
表現したいことを整理することができる
、というメリットがあります。


絵は、文章だけでは説明しにくい箇所に適宜、使っていきましょう

初心者向けコンテンツでは、絵が非常に重宝します。

特にファーストビュー(クリック後、最初に映る画面)に絵が映ると、
人目をひくことができますので、非常に有効です。

このファーストビューに入れる画像を、アイキャッチ画像と言います。

絵はあまり入れすぎないよう気をつけます。

絵を入れすぎるとページが重くなってしまい、
SEO的にもユーザビリティ的にもアウト
です。


(3)コンテンツの長さは臨機応変に調整する


ユーザビリティ的にもSEO的にも、
コンテンツの文章の長さは、
一概に「これくらいの長さがいい」と言うことはできません。

サイト訪問者に配慮して、
文章は臨機応変に短くしたり、長くしたりします


基本的に有益な情報であるならば、文章は長くてもOKです。

真剣に情報を求めているサイト訪問者は、
しっかりと作りこまれた無駄のない文章であれば、
必要な情報が得られるまで文章を読みます。

また、ひとつのコンテンツを長い文章にすることで、
ロングテール検索が期待でき、
アクセス数を増やすこともできます


(4)1つ1つのページを独立させる


サイト訪問者は、
検索エンジンから自サイトのいろんなページを入り口にしてやってきます。

ですので、ひとつひとつのページにテーマを設定し、
そのページだけでも有用な情報として機能するよう、
独立させてコンテンツを作っていく
ことが重要です。

1ぺージ1テーマのコンテンツを大量生産することで、
ロングテール検索のバリエーションも増えます。


(5)ターゲットを明確にする


成約対象のターゲットを明確にしておきます

成約を意識して、
コンテンツtitleタグのキーワードを決める際には、
どの顧客をターゲットにするかが重要となります。

学生向けなら学生向け、初心者向けなら初心者向け
といったふうに意識しながら、
コンテンツを作っていくといいでしょう。


■ 次ページ 成約率をあげるための商品紹介の4つのコツ


<期間限定・当サイトからの無料プレゼント>

*メールアドレス
*名前
12月31日まで限定で、当フォームから当サイトの無料メルマガに登録してくださった方に、プレゼント「成功するためには苦痛を快楽にせよ」を無料配布中です。

<素早く1万円~10万円を無料で稼ぐ方法>

モッピーで稼ぐ
モッピー登録無料)は、サービスの無料登録、カード・口座作成やゲーム、メール受信、広告クリックといったデータ入力作業で、すぐにお金を稼ぐことができます。
Copyright(c) 2012-2016 ネットでお金を稼ぐ方法大百科