ネットでお金を稼ぐ方法を比較してまとめた、無料のお金稼ぎ攻略サイト。小中学生の子供から主婦、お年寄りまでできるよう、わかりやすく解説。

サイト作成初期のインデックス対策の基本
<ネットでお金を稼ぐ方法・上級マニュアル26>


ハートチョコ


自サイトのページが検索エンジンに登録されることを、
インデックスと呼びます。

リンクポピュラリティー(被リンク総数)、
およびコンテンツの2つが充実しているサイトであれば、
ページは更新するだけで、自動的にすぐインデックスされます。

しかしウェブサイト作成初期のうちは、
検索エンジンのクローラー(Webページの情報を集める自動プログラム)が、
自サイトに訪問する頻度が少ないので、
ある程度インデックス対策をしておく必要があります


新規サイトのインデックス対策では、
グーグルウェブマスターツールの登録は必須です。

必ず登録しておきましょう。

● Googleウェブマスターツール


また、新規のウェブサイトを作成したとき、
検索エンジンのインデックス登録申請をしておきます。

● Google・Yahoo!サイト登録

ここからGoogleYahoo!の両検索エンジンに登録することができます。

● Bingサイト登録

徹底したい方は、Bing(旧MSN)の検索エンジンにも登録しておきます。

これらはトップページを一回登録するだけでOKです。


インデックスをはやめる基本的な戦術としては、
これらの登録をおこなった上で、自サイトのコンテンツ、被リンクを、
コンスタントな更新頻度で増やしていく
ことです。

更新頻度は週1、2回以上を目安にします。


またウェブサイトの運営期間の長さは、
そのまま検索エンジンからの良評価につながります。

サイト作成初期段階では、
検索エンジンの上位表示にはなりづらく設定されています
ので、
最初の3か月から6か月までは、辛抱の期間と考えてください。


以下のツールを毎回ページ更新時に使うことで、
さらにインデックスをはやめることができます。


Fetch as Google


グーグルウェブマスターツールに登録することで、
使用可能になるツールです。

毎回サイトを更新するごとに、
新しく追加したページを登録
していきます。


Googleウェブマスターツールにサイトを登録後、
同ツールにログインし、サイトを選択。

健全性」という表示を選択すると、
Fetch as Googleの項目が出現します。

そこで新しく追加したいページのURLを記入することで、
新ページの登録がなされます。


XMLサイトマップ


XML形式のサイトマップを作成します。

自動生成ツール「sitemap.xml Editor」を使えば、すぐに完成します。

● sitemap.xml Editor

毎回サイトを更新するたびに、このXML形式のサイトマップを作り、
FTPソフトを通して、
トップディレクトリ(index.htmlなどがある階層)にアップ
しておきます。


初回時は、このXMLサイトマップを、
グーグルウェブマスターツールの「最適化」から、
登録しておく必要があります。


ping


ページ更新時に、pingサーバーに更新情報を通知することで、
インデックスをはやめることができます。

pingはブログでは自動的に送られますが、ウェブサイトの場合、
自分でフリーソフト(ping送信機能つきのRSSライター等)を、
使って送信する必要があります。

● Fumy RSS & Atom Maker

「http://api.my.yahoo.co.jp/RPC2」
「http://blogsearch.google.com/ping」など、
代表的なpingサーバーには、ひととおりpingを送っておきます


■ 次ページ 稼ぐために相互リンクが必要となる理由


<期間限定・当サイトからの無料プレゼント>

*メールアドレス
*名前
12月31日まで限定で、当フォームから当サイトの無料メルマガに登録してくださった方に、プレゼント「成功するためには苦痛を快楽にせよ」を無料配布中です。

<素早く1万円~10万円を無料で稼ぐ方法>

モッピーで稼ぐ
モッピー登録無料)は、サービスの無料登録、カード・口座作成やゲーム、メール受信、広告クリックといったデータ入力作業で、すぐにお金を稼ぐことができます。
Copyright(c) 2012-2016 ネットでお金を稼ぐ方法大百科