ネットでお金を稼ぐ方法を比較してまとめた、無料のお金稼ぎ攻略サイト。小中学生の子供から主婦、お年寄りまでできるよう、わかりやすく解説。
トップ投資・資産運用攻略 > 現在のページ
ETFで稼ぐ - 次ページ

投資信託で稼ぐ
<投資でお金を稼ぐ方法・基本マニュアル14>





忙しい人や、投資の初心者にとって欠かせないものが、この投資信託です。

投資信託(ファンド・投信)では投資のプロが、国内株、海外株、国内債券、海外債券、新興国株、新興国債券、貴金属、不動産など、あらゆる金融商品に分散投資し、投資家の資産運用を代行しています。


<こんな人に投資信託がオススメ>

  • 投資初心者や本業のある人、忙しい人

  • 銀行の普通預金や定期預金より利回りをよくしたい人

  • 小額で世界中のあらゆる金融商品に分散投資してリスクをなくしたい人

  • 個人投資では手の届かない金融商品に投資したい人


なにより投資信託は、銀行預金と同じようにお金を入金するだけの作業ですむ、というのが一番大きいです。

普通に株やFXで稼ごうとすると、どうしても情報収集や分析に大量の時間を使います。

しかし投信では口座からお金を入金さえしておけば、あとはファンドマネージャーがすべて運用を管理してくれるので、手間を大きくはぶくことができるのです。

現在のデフレ社会による低金利を考えて、単純に銀行預金でお金を死蔵するのはもったいない、と考えている本業持ちの人達には、投信は非常にオススメです。


投信の税金については株や債券同様、買ったときには発生しません。

売ったときのみ発生します。

源泉徴収あり特定口座をひらいていれば、税金は売却益・分配金から自動的にひきぬかれます

もちろんNISA(非課税口座)も使用可能です。

● 投資の税金の仕組み(参考記事)


投信の種類と初心者へのオススメ


投信にはMRFMMFのような毎日分配型、上場しているETF、不動産専門のREIT、分散投資しているグローバルバランス型、日経平均株価などの指数より、良い成績を狙うアクティブ型など、さまざまなものがあります。

この中でも初心者にオススメの投信は、グローバルバランス型投信です。


個別株などでひとつひとつに投資する場合は、ハイリターン・ハイリスクが基本です。

しかしグローバルバランス型と呼ばれるファンドを使えば、世界全体に分散投資できるので、どこかの国がへこむぶん、一方でどこかの国が必ず成長します。

そして世界全体の経済自体は、普通成長傾向になりますので、安定した利息を狙えます。

詳細は以下をご覧ください。

● グローバルバランス型の安定性


投信は販売価格が一定で、どの金融商品よりも安い


個別に株や債券を買おうとすると、相場の変動によって最低購入額が上下し、不安定です。

しかし投資信託では最低購入金額が一定、しかも債券とくらべてかなり安く買うことができます。

個別株はだいたい10万円からの購入ですが、投信では極端な話が、500円からの購入でもOKなものが存在します。


どんなところで投信は売られている?


投信はSBI証券楽天証券など、ネット証券なら必ず取り扱いがありますし、ゆうちょ銀行や三菱東京UFJ銀行といった銀行でも、買うことができます。


基本的には銀行よりも、ネット証券を使って買うことをオススメします。


<投信購入のさいにネット証券を使う利点>

  • オススメの良質なファンドはネット証券にしかない

  • 手数料が安い

  • 24時間いつでもパソコンで取引できる


購入手数料や解約時手数料、ファンド運用費として信託報酬(年間およそ0.5%~2%程度)など、投資信託ではたくさんの手数料がかかりますが、ネット証券を使えば、これらが格安ですむことが多いです。

特に購入手数料については、無料(ノーロード)になることが多いです。


初心者の投資信託の基本的な使い方


満期のないグローバルバランス型投信を使い、毎月きまった金額を銀行口座から自動引落設定にして、積立てていきます。(自動積立とドル・コスト平均法

数十年以上の規模で、同じファンドへの長期投資を考えるのが基本です。

インカムゲインとして、一定期間ごとに分配金が発生するファンドもありますが、初心者は分配金再投資の複利型ファンドを選びます


投信に1回お金をあずけてしまうと、とりだしにくいのが難点です。

ですので「預金していて完全に使わない状態のお金」をあてがうのが、基本的な考え方です。

月収30万円未満のサラリーマンなら、とりあえず月額1万円から積立てていくのが、無理のない投資法となります。

それ以上を投資していくなら、毎月生活費20万円程度を残しておき、あとの収入は普通預金と投資信託に半分ずつ入金する、など、投資のスタイルを工夫していきます。

投信を使った効率的なプランについては、下記をご覧ください。

● 忙しい人でもバランス型投信を使って1億円を稼ぐ


もともと投資信託は、長期投資を前提に設計されている金融商品なので、やはり忙しい人、投資の手間をはぶきたい人むけです。

ですので逆に、毎日のように情報を収集して売却益で稼ぐという場合は、投信ではなく個別株FXを使って、中期投資・デイトレードで稼いだほうが、建設的です。


投資信託の具体的な選び方や解説については、専用のマニュアルを用意していますので、そちらをご覧ください。

● 投資信託マニュアル(計13記事)

● 長期投資の貯蓄型投信の選び方まとめ


オススメの投信(初心者向け)


国内の投資信託は現在4000本ほどあります。

しかし初心者の長期投資でオススメできる国内の投資信託は、せいぜい20本以内にかぎられています

知識があって短期の売却益を計画的に狙うという場合は別ですが、特に戦略を意識しない初心者であれば、この20本から選んでください。

20本中、特にオススメのファンドは、以下の2本です。



ともに世界経済に分散投資しており、資産残高が多く、満期なし、分配金再投資の複利型、手数料格安という良質ファンドです。

ふたつを簡単に比較すれば、セゾン・バンガードGBFは、株と債券の比率をそれぞれ50%にして、価格の変動幅を小さく抑えています。

一方で世界経済IFは、新興国投資の比率が大きいので、価格の変動幅が大きいです。


  • セゾン・バンガードGBF → お年寄り向け

  • 世界経済IF → 現役世代向け


上記のような基準で買うか、両方とも買ってさらにリスク分散する、という方法でいいでしょう。


上述の投信を買うためにも投資初心者は、少なくともセゾン投信SBI証券の口座を、必ず開設しておきたいところです。

手数料が安く、良質なファンドがそろっています。

開設はもちろん無料です。


他のオススメファンドについては、以下をご覧ください。

● 初心者・忙しい人にオススメの8つの投資信託


初心者は、ハイイールドとかソブリンとか、毎月分配型・毎月決算型といった名前のついているファンドは、買わないほうが良いです。

満期が設定されていて長期投資むけではなかったり、手数料の高い悪質なファンドであったりすることも多く、銀行の窓口などで相談してしまうと、だいたいこれらのファンドを購入させられてしまいます。


■ 次ページ ETFで稼ぐ




<関連ページ>


<ほったらかしで月収100万円を継続的に稼ぐ方法>

アンリミテッドアフィリエイトで稼ぐ
アンリミテッドアフィリエイト24800円)は、月収100万円以上をほったらかしで稼げるアフィリエイトのやり方が、初心者むけにまとまっている教材です。

<素早く1万円~10万円を無料で稼ぐ方法>

モッピーで稼ぐ
モッピー登録無料)は、サービスの無料登録、カード・口座作成やゲーム、メール受信、広告クリックといったデータ入力作業で、すぐにお金を稼ぐことができます。
Copyright(c) 2012-2017 ネットでお金を稼ぐ方法大百科