ネットでお金を稼ぐ方法を比較してまとめた、無料のお金稼ぎ攻略サイト。小中学生の子供から主婦、お年寄りまでできるよう、わかりやすく解説。

FXで稼ぐ
<投資でお金を稼ぐ方法・基本マニュアル19>





FX(Foreign eXchange)とは外国為替証拠金取引の略です。

通常の外貨預金と同じように、日本円で米ドルやユーロなど、あらゆる外貨を買えます

為替レートが円安になったときに米ドルやユーロを円に戻し、為替差益で稼ぐこともできます。


FXをやる場合は、証券口座以外にFX口座を開いている必要があります。

FX専業の取引業者を使うのであれば、証券口座をひらいていなくても、FX口座のみの開設でOKです。

ただし、FX口座は本職や資産のある人でないとひらきにくい、敷居の高い口座でもあるので、注意します。


当サイトで初心者にオススメしているFX口座は、SBI FXトレードです。


<FXの特徴>

  • 外貨預金のかわりにすることができる

  • あずけたお金を数倍の額にして取引できる(レバレッジ

  • 自分の持っていない外貨でも自分が持っていることにして、売ることができる(カラ売り・ショートポジション

  • 為替差益以外でもスワップ金利(外貨預金の金利のFX版)で稼ぐことができる(初心者むけ)

  • 通常の外貨預金外貨MMFなどと比較して売買手数料が格段に安い

  • 外国株式取引口座を使って外貨を買うよりも、FX口座を使った外貨買いのほうが為替手数料が格段に安い

  • 人気の金融商品なので流動性は抜群(注文をだせばすぐに成立する)

  • リアルタイムですぐに取引可能、24時間デイトレードができる

  • 取引に最低限必要な金額は比較的高め(最低取引額が1000通貨単位以下のFX業者を使うことで解消)


FXが他の海外金融商品と違うのは、証拠金取引であるということです。

FXでももちろん普通の投資と同じように、損をすればお金は減りますし、利益があればお金は増えます。

しかしFXを使って外貨を買うさい、正確には私達は、実際に自分のお金で取引をするわけではありません。

自分がFX口座にあずけいれたお金の量に見合った取引」をすることになります。


FXは株式投資の信用取引やCFDなどのデリバティブ取引と、非常に性質が似ています。

まず一定量の円貨を証拠金という形で、FX口座にあずけておきます。

そのあずけられた円貨の量にもとづいてFX取引業者が、私達の取引可能額を決めます。

この証拠金取引によって、FXでは普通の投資とは異なる、以下の2つのことができます。


  • カラ売り(ショートポジション)ができる

  • レバレッジをかけれる


カラ売りもレバレッジも非常に効率的な、それでいてFX独自の投資法ですので、FXは海外投資のみならず、全投資の中でもあっというまに人気の投資法になりました。

この2つについての詳細は、FXマニュアルにて書いていますので、そちらを参照してください。

● カラ売りとレバレッジ


最安の手数料で24時間取引できる外貨預金


FXに「リスクが高い」という印象があるのは、こうしたカラ売りやレバレッジといったシステムがあるためです。

逆を言えば、この2つを使わなければ、あとはもう普通に外貨預金と同じように、FX口座にお金を入れておくことで、為替差益を狙ったり、外貨の高金利による利子を狙ったりすることができます

FXでも通常の海外口座と同じように、スワップポイント(スワップ金利)という形で利子がつきます。

スワップ金利も、他の外国金融商品の金利と比べると高めに設定されています。


何よりもFXで特筆すべきことは、外貨預金や外貨MMFといったあらゆる海外金融商品と比較して、売買手数料や為替手数料(スプレッド)が格段に安いことです。

実際のところ通常の外貨預金は手数料が高いので、手数料の安いFX口座を、長期の外貨預金の口座がわりにしている人がたくさんいます

FXでレバレッジ1倍~3倍にして米ドルやユーロを買っておけば、外貨預金と同じような投資をしながら、手数料が格安ですむのもFXの強みです。


またSBI証券のように、FXと他の海外金融商品の取り扱いが同じ運営下であれば、FX口座で交換した外貨が、他の海外金融商品の取引でも使えます

つまり、FXの格安な為替手数料のシステムを使いながら、海外ETFなどの海外金融商品の取引ができるわけです。

FXで投資をおこなわなくても、海外ETFなどの取引で、為替手数料を安くしたいという理由で、FX口座を持つ人もたくさんいます


<FXのいろんな使い方とリスクコントロール>

  • レバレッジをかけなければ手数料最安の外貨預金として使用可能(金利も獲得できる)

  • レバレッジを大きくかけることでリスクを負うかわりに大量に稼ぐチャンスを得られる

  • FX以外の他の海外金融商品の取引で、為替手数料を25分の1まで安くできる(SBI証券・米ドルの場合)


またFXは非常に人気なので、取引する人が多く、結果どの海外金融商品よりも流動性に富んでいます。

ドルを買いたいのに売ってくれる相手がいないから買えない、ということはまずなく、注文をだせばすぐに成立することになります。(ただしトルコリラなど取引量の少ない通貨は例外)


FXはリスクが高いと言われがちですが、レバレッジを高くしすぎないなど、しっかりコントロールすれば、外貨預金や外貨MMFより、メリットが豊富な海外金融商品と言えるでしょう。

外貨を預金して金利を狙うという場合は、普通の外貨預金よりも、断然FXがオススメです。


ただしFXでまともに取引するなら、最低でも証拠金としてあずけるお金が5万円~10万円は必要と考えてください。

長期投資・短期投資に関わらず、余裕を持って預金・取引をしたいのであれば、50万円あると安心できます。

FXでの最低取引金額の詳細については、こちらから。

● FXの取引単位と証拠金


FXは24時間取引が可能、かつすぐに取引が成立します。

取引速度のおそい外貨預金や外貨MMFが嫌という人にもオススメです。

また時間が限定された株のデイトレードと比べても、FXは1日中デイトレードをすることが可能、ということになります。

なのでFXはデイトレードに一番むいている金融商品でもあります。


ただしFXも土日は休みなので、土日にはデイトレードはできず、予約注文しかできません

祝日は取引ができますが、元旦やクリスマスといった特定の祝日には一部制限があります。

株の株価と違い、FXは休みのときでも時差の影響で、為替レートが多少変動することに注意します。

(日本で市場が閉じていても、他国では市場が開いている時間帯があるため)


他の金融商品と比較したときのFX


FXの本質は外貨預金ですので、他の投資方法と比べると、低リスク低リターンになることに注意してください。

証拠金取引でレバレッジをかけて高リスク高リターンにすることはできますが、レバレッジをかけて高リスクにすることと、海外株式に投資して高リスクにすることは、まったく別次元のことです。

やはり過度なレバレッジによる投資は、「投機・ギャンブル」という色彩が強くなります

それが通貨のように分析しにくい投資対象であれば、なおさらです。

よほどの分析能力・センス・強運がないかぎり、FXの高レバレッジで成果を継続してあげることはできません。


堅実的に海外資産でお金を増やしたいという人であれば、日本円を外貨に変えた上で、海外株式や海外ETFを買うのが一番オススメです。

外貨建てでなくとも、円建ての投資信託を利用して、海外資産で稼ぐ方法もあります。


あくまで初心者は円安・インフレ対策、あるいは金利目的で、低レバレッジのFXを使う程度にしておきます。

日本円を外貨に変えて持つという行為は、円安・インフレ対策としては非常にわかりやすいですし、その外貨預金の方法として使うぶんには、FXは一番すぐれています。


当サイトでは、FXに関しては個別にマニュアルをもうけています。

もっと詳しくFXについて知りたいという方は、以下からどうぞ。

● FXマニュアル(計7記事・テクニカル分析編計6記事)


■ 次ページ 海外預金系投資の基本と比較




<関連ページ>


<期間限定・当サイトからの無料プレゼント>

*メールアドレス
*名前
12月31日まで限定で、当フォームから当サイトの無料メルマガに登録してくださった方に、プレゼント「成功するためには苦痛を快楽にせよ」を無料配布中です。

<素早く1万円~10万円を無料で稼ぐ方法>

モッピーで稼ぐ
モッピー登録無料)は、サービスの無料登録、カード・口座作成やゲーム、メール受信、広告クリックといったデータ入力作業で、すぐにお金を稼ぐことができます。
Copyright(c) 2012-2017 ネットでお金を稼ぐ方法大百科