ネットでお金を稼ぐ方法を比較してまとめた、無料のお金稼ぎ攻略サイト。小中学生の子供から主婦、お年寄りまでできるよう、わかりやすく解説。
トップ投資・資産運用攻略 > 現在のページ
前ページ - 株主優待で稼ぐ

権利確定日について知ろう
<投資でお金を稼ぐ方法・株マニュアル4>


権利確定日とは、配当金株主優待をもらえる権利が決まる日のことです。

正確には、権利確定日の3営業日前である権利付最終売買日(権利付き最終日)が重要になります。

極端な話が、権利付き最終日に株を買い、その1営業日後の「権利落ち日」に株を売ってしまっても、その期間の配当金と株主優待は確定しています。

正確に言えば、権利付き最終日が年に1回なら1年分の配当金と株主優待が。

年に2回なら、半年ぶんの配当金と株主優待が確定します。

多くの権利確定日は、31日に設定されています。


<31日が金曜の場合>

28日(火)権利付き最終日
29日(水)権利落ち日
30日(木)
31日(金)権利確定日

<31日が火曜の場合>

26日(木)権利付き最終日
27日(金)権利落ち日
28日(土)
29日(日)
30日(月)
31日(火)権利確定日

権利付き最終日は、権利確定日の3営業日前であることに注意します。

非営業日、つまり土日や祝日は、この3営業日からのぞくことになります。


<株の非営業日一覧>

  • 土曜日・日曜日

  • その他国民の祝日

  • 振替休日

  • 前日と翌日が国民の祝日となっている日

  • 12月31日~1月3日


1日だけ株を持って配当金や優待はもらえるか?


結論から言えば、可能です。

しかしオススメはしません。

権利付き最終日に株を買い1日だけ所有し、権利落ち日に株を売る、という方法で、気軽に1日株を持つだけで、お得に1年間ぶんの配当金・株主優待をゲットしよう、と考える人は多いと思います。

しかし当然みんな同じことを考えますから、権利落ち日になると株価が一気にさがることが多いです。

なのでキャピタルロスの売却差損となり、配当金・株主優待の利益と相殺するどころか、全体的に損になる可能性すらあるわけです。

これではもともこもありません。


多くの企業では、投資家の配当金・優待目的で、権利確定日が近づくにつれ、株価があがっていきます。

ですので権利確定日の直前ギリギリの株より、2か月程度前の株であれば、株価があがってしまう前に買いやすくなります

またこうした意表をついて、権利付き最終日の直前に株を売ってしまい、キャピタルゲインとして差益を確定して稼ぐ方法もあります。

もちろんこの場合、配当金・株主優待はもらえません。


また、ちょっとした裏技で、信用取引の空売りを使えば、短期間かつ金銭的リスク0で、株主優待券を入手する方法もあります。

● 信用取引とは?

● 株主優待券を無料で入手する裏ワザ

ただしこちらの方法は配当金がもらえませんし、買える株が限定的になることにも注意します。


■ 次ページ 株取引の様子を見てみよう


<ほったらかしで月収100万円を継続的に稼ぐ方法>

アンリミテッドアフィリエイトで稼ぐ
アンリミテッドアフィリエイト24800円)は、月収100万円以上をほったらかしで稼げるアフィリエイトのやり方が、初心者むけにまとまっている教材です。

<素早く1万円~10万円を無料で稼ぐ方法>

モッピーで稼ぐ
モッピー登録無料)は、サービスの無料登録、カード・口座作成やゲーム、メール受信、広告クリックといったデータ入力作業で、すぐにお金を稼ぐことができます。
Copyright(c) 2012-2017 ネットでお金を稼ぐ方法大百科