ネットでお金を稼ぐ方法を比較してまとめた、無料のお金稼ぎ攻略サイト。小中学生の子供から主婦、お年寄りまでできるよう、わかりやすく解説。

楽天証券の稼ぎ方・攻略法まとめ


● 楽天証券(開設無料)


楽天証券で稼ぐ方法・ポイント・コツ一覧


  • 楽天銀行と連携しているので、楽天証券とあわせて開設するとお金の行き来が楽。

  • 楽天証券と楽天銀行の両方をひらくと、普通預金で金利0.1%(通常の銀行の5倍)になる。(楽天マネーブリッジ

  • 取引状況に応じてIPOの当選率があがる。(下記詳細)

  • 逆指値注文が使用可能。

  • 純金積立の取り扱いがある。

  • 楽天FXは証券会社内で設定されたFXとしてはスプレッドが格安。(下記詳細)

  • 当サイトでオススメの投信・世界経済インデックスファンドと海外ETF・VT(バンガード・トータル・ワールド・ストックETF)が買える。

  • そこそこオススメできる投信・楽天資産形成ファンド楽天グローバル・バランス(積極型)が唯一買える。

  • ETFの数が豊富なので、海外ETFを利用する人にはオススメ

  • チャート分析ツール・マーケットスピードが条件次第では無料で使える。(下記詳細)

  • 投信ツールの投信スーパーサーチで投信の簡単な分析ができる。(下記詳細)


楽天証券の基本情報


楽天証券は、かの有名な楽天グループの証券会社です。

ネット証券ではSBIに並ぶ規模となっていますので、投資家であれば、かならずひらいておきたい証券口座のひとつです。


楽天証券にかぎったことではありませんが、楽天グループは一種の経済圏を構築しており、楽天市場、楽天ブックス、楽天カード、楽天銀行、楽天アフィリエイトなど、他の楽天のサービスと連動しています。

そしてそれらの楽天サービス内では「楽天ポイント」とよばれるポイントが、現金のように使えます。

楽天ポイントは現金自体への流動性は悪くなりますが、楽天内部のサービスを頻繁に使う人には、もってこいです。


また楽天証券は楽天銀行と併用することで、普通預金の年利が0.1%(通常の銀行の5倍)となる、マネーブリッジが使えます。

似たようなサービスとしてSBIハイブリッド預金がありますが、こちらは普通預金をネット上でハイブリッド預金に操作しないと、0.1%金利にはなりません。

いっぽう楽天では普通預金でも0.1%金利が適応され、面倒がありませんから、その点は優れています。

詳細は以下の記事をご覧になってください。

● SBI・楽天で金利を5倍にする方法


IPOでは当選率が、過去6か月の全取引の月間平均手数料によって変化します。


IPO当選率が2倍(IPOシルバー)1万5000円以上の手数料
IPO当選率が5倍(IPOゴールド)10万円以上の手数料

投資信託の検索ツールとして「投信スーパーサーチ」がありますが、こちらでは、リッパースコアという投信の格付け情報が使えます。

手数料、リターン、安全性などを5段階で評価していて、5が一番良いです。

投信の質を判断するときには、非常にわかりやすい指標と言えるでしょう。


楽天証券のマーケットスピードを無料で使う方法


リアルタイムで株分析ができるチャートツール・マーケットスピードですが、こちらは通常版3か月3000円フル版1か月2100円と、普通無料では使えません。

しかし通常版は以下の条件のいずれかをクリアすれば、無料で使えます。


  • 信用取引・先物・オプション・FXのいずれかの口座が開設されている

  • 利用するときに30万円以上の資産残高がある


一番無難なのは、信用取引やFXの口座をひらいておくことです。

フル版は「信用取引の建玉が200万円以上あれば無料」という条件ですので、敷居が高いです。

なお通常版は、最初の3ヶ月は無条件に無料で使えます。


銀行・楽天証券間の入金・出金手数料


普通は各銀行で決められた、所定の振込手数料がかかります。

しかし楽天証券の「リアルタイム入金」に対応している銀行なら、ネット上の入金操作で、この手数料は完全無料になります。


<楽天証券への入金手数料が無料になる銀行>


特に楽天銀行は楽天マネーブリッジで楽天証券と連携しているので、「らくらく入金」により、ネット上のワンクリックで入金がすぐに可能です。

ただし、証券から銀行への出金(らくらく出金)は、反映されるのに数時間かかります

なお、楽天証券から銀行への出金手数料は、どの銀行でも完全無料です。


楽天証券での取引の手数料


手数料体系は大きくワンショットコース、いちにち定額コース、超割コースの3つがあります。


  • ワンショットコース → 1回ごとの取引額で手数料が決まる(中長期投資むけ

  • いちにち定額コース → 1日の取引合計額で手数料が決まる(デイトレードむけ


基本はこの使い分けです。

超割コースもワンショットコース同様、1回ごとの取引額で手数料が決まる中長期むけですが、以下の点に注意します。


  • 20万(信用取引は30万)円以上の取引では、条件によってワンショットコースより手数料が安くなる(メリット)

  • 20万(信用取引は30万)円以下の取引では、ワンショットコースより手数料が高くなる(デメリット)


超割コースで手数料が安くなる最低条件は、以下のいずれかです。


  • 投資信託の合計残高が100万円以上ある

  • 信用取引での建玉残高が500万円以上ある


投信信用取引を使いこまないうちは、超割コースを選ぶメリットはありません。

ですので初心者は当分のうちは、ワンショットコースを選んでおきます。

もちろんコース変更は、いつでもできます。


以下は2014年時点での数字です。


<現物取引・ワンショットコース>

1回の取引額手数料
10万円まで145円
20万円まで194円
50万円まで358円
100万円まで639円

<信用取引・ワンショットコース>

1回の取引額手数料
30万円まで262円
30万円以上472円

<いちにち定額コース(現物・信用)>

1日の取引額手数料
50万円まで450円
100万円まで900円

<信用取引の金利・貸株料>

制度信用取引一般信用取引
金利2.85%3.09%
貸株料1.1%一般は空売り不可能

<純金(積立・スポット購入)の手数料>

購入時代金の2.625%
売却時無料

楽天FXについて


楽天では「楽天FX」という形で、FXを2013年1月から開始しています。

最低取引額は1000通貨、ロスカットは証拠金維持率が50%を下回ると発生です。


<楽天FXのスプレッド>

米ドル円0.5銭
ユーロ円1.1銭
ポンド円2.9銭
豪ドル円1.2銭

SBI証券、マネックス証券、カブドットコム証券といった他主要証券と比較して、証券会社内部で設定されたFXとしては、最安のスプレッドなのが特徴です。(無論、FX専業のスプレッドと比較すると劣ります)

スワップポイントについては特に際立たず、毎日各1万通貨ごとに1円つく程度です。


こちらの楽天FXでは「マーケットスピードFX」がチャート分析ツールとして使えます。

「iSPEED FX」はこのツールのスマホ版となります。


<関連ページ>


<期間限定・当サイトからの無料プレゼント>

*メールアドレス
*名前
12月31日まで限定で、当フォームから当サイトの無料メルマガに登録してくださった方に、プレゼント「成功するためには苦痛を快楽にせよ」を無料配布中です。

<素早く1万円~10万円を無料で稼ぐ方法>

モッピーで稼ぐ
モッピー登録無料)は、サービスの無料登録、カード・口座作成やゲーム、メール受信、広告クリックといったデータ入力作業で、すぐにお金を稼ぐことができます。
Copyright(c) 2012-2017 ネットでお金を稼ぐ方法大百科