ネットでお金を稼ぐ方法を比較してまとめた、無料のお金稼ぎ攻略サイト。小中学生の子供から主婦、お年寄りまでできるよう、わかりやすく解説。

クレジットカードの高級レストラン半額化優待
<クレジットカード・融資の基本マニュアル22>



「アメリカンエキスプレス・セレクト」を中心とし、クレジットカードに付帯しているレストランの割引優待はたくさんありますが、なかでも着目すべきは、プラチナカード以上で付帯する高級レストラン代金の半額化(グルメ半額化サービス)です。


正確には「提携レストランで2人以上のコース料理を予約したさいに、1人分のコース料金が無料化するサービス」です。

このグルメ優待、往々にしてサービス名が定まっていないため、このように長ったらしい説明になるのですが、クレジットカードのレストラン優待では、一番人気のサービスです。

また高級クレジットカードを使ううえでは、一番の節約法にもなります


提携レストランはどこも高級な場所ばかりで、1人分のコース料金が、最低でも1万円をこえます。

なので本来2人で予約すると、トータル2万円。

しかしこの優待サービスを使うことで半額化し、最低1万円は値引きされるわけです。

値段が値段なだけに、値引きがあってもやはりお金持ちむけのサービスですが、50%割引ということで、頻繁に高級レストランで食事をする人には節約となります

高級クレジットカードの年会費のもとをとりたい場合にも、率先して使っていくべきサービスです。


提携レストラン1店舗につき、基本的に当優待の利用は年間2回まで。

正確には4月~9月に1回、10月~3月に1回です。

なお1店舗につき年間2回の回数制限があるだけで、当グルメ優待自体に回数制限があるわけではありません。

別の提携レストランを使うことで、何度でもレストラン代金が半額化します。


参考までに、アメックス・ゴールドであれば「ゴールド・ダイニング by 招待日和」というサービス名で、国内外200店舗のレストランが優待の対象。

招待日和は、特に当グルメ優待ではよく見られるサービス名で、本来は年会費税別3万円で医者だけが入会できるサービスです。

アメックス・ゴールドなどに入会することで、クレジットカードの年会費を払うかわりに、このグルメ優待の年会費が無料化します。


以下、レストラン料金半額化のグルメ優待が付帯するクレジットカードと、そのサービス名の例です。



アメックスのプロパーカードは、上位のプラチナやセンチュリオンよりも、ゴールドのほうが当グルメ優待の使い勝手がいいことに気をつけます。

変な話ですが、上位カードの「ダイニング・アクセス」になることで、だいぶ利用できるレストランの数が制限されます。


ダイナースクラブではそういったことはなく、上位のプレミアムカードになることで、むしろ優待対象のレストランの数がふえます。

またダイナースクラブではサインレス・スタイルというシステムがあり、クレジットカード所有者がレストランにいかずとも、別の誰かをレストランにいかせることも可能です。

両親へのプレゼントにむきます。


当グルメ優待を目的にクレジットカードを作るなら、一番お手頃なのはアメックス・ゴールドかダイナースカードです

招待制ではなく、申込で入手できます。

当サイト管理人も、主にこの優待目的でアメックス・ゴールドを作っています。


グルメ半額化サービスを使うにあたっての注意点


当サイト管理人も、アメックス・ゴールドですでにこのグルメ優待を何件か利用していますが、やはりデメリットとして感じたのは、前もって予約しないといけない点です。

そのときの気分でいきなりレストランに直行して半額優待を適用、ということはできませんので、気をつけます。


当グルメ優待を適用させるには、原則3日前(3営業日前)までの予約が必須です。

もしも当日、体調をくずしていけなくなった場合も、食事はできずに料金だけ支払う状況となります。


唯一の例外はJCBザ・クラスのグルメベネフィットで、このグルメ優待サービスであれば、直前の予約でもOKなことがあります。


あとはやはり、常に2人以上での食事が前提になるのもデメリットです。

あくまで「2人分以上を予約したときに1人分のコース料金が無料化する」という優待なので、1人で食事にいくときには、この半額化の優待は適用できません。

つまり、当日は自分だけでなく、一緒にいく人も体調に気をつけないといけないということです。


また性質上、変な人をつれていくこともできません。

優待の対象となるレストランは高級レストランばかりなので、ドレスコードの指定があることも珍しくなく、服装に気をつかわない人は、招待するべきではないでしょう。


<クレカ付帯グルメ半額化優待のデメリットまとめ>

  • いきなりレストランに直行しても、優待は適用されない。

  • 3営業日前までの予約が前提なので、当日の体調管理に気をつけないといけない

  • 1人で行っても優待は適用されない。自分だけの問題ではなく、一緒に行く人も体調管理に気をつけないといけない

  • ドレスコードがある場所では、服装に気をつける必要がある。


はやい話が、だいぶ束縛感がある、ということです。

この束縛感が嫌な場合は、当優待を使わず、普通にレストランにいったほうがいいです。

常時予約が前提で、レストランに行っている人向けです。


また当グルメ半額優待は、1人分のコース料金が無料化するだけなので、飲み物などは別料金扱いになることに気をつけます。

他、日曜日や祝日は定休日だったり、優待除外日のレストランが多いです。

ラストオーダーは、だいたい21時。


アレルギーがある場合は、予約するときに伝えれば対応してくれます。

そこは、予約ならではのメリットです。


当グルメ優待付帯のクレカを持つ必要性について


このサービスが付帯するクレジットカードは、最低でも年会費2万円以上。

お金持ちむけであることに違いはなく、しかも当優待の活用は、高級クレジットカードを最大限節約的に使うための手段にもなっています。

それがかえって浪費をうながすことにもなりかねませんので、気をつけます。


クレジットカードの年会費のもとをとるというよりは、もともとクレジットカードを持っていなくても高級レストランの使用頻度が多いので、高級クレジットカードを作ってこの優待を使うことで節約になった、という形が理想です。


目安として、高級レストランで年間3回以上、誰かと食事する機会がある人は、高級クレジットカードを作ったほうがお得であることは、間違いありません。

1人1万円相当の食事を2人で3回利用すれば、トータルで6万円。

その半額が当優待で無料化するなら、3万円程度の節約。

招待制カードでないかぎり、これでおよその高級クレジットカードの年会費を上回ります。


いずれにせよ、年会費無料クレジットカードで節約志向の人は、半額化されていても、そもそも1回の食事に1人ぶん5000円をかけること自体がご法度のはずですので、当優待のことを考える必要はないでしょう。


ただし、高級レストランを使う機会が多い人は、年会費有料の高級クレジットカードを作って、当優待を使うことでかなり節約になる、というのは覚えておいて損はありません。

自分・恋人・家族の誕生日、クリスマスなど、特別なときのみ使う、というパターンであっても、十分年会費のもとはとれます。

わりと一般人・庶民であっても手の届く生活スタイルですので、当サイト管理人がそうだったように、高級クレジットカードをはじめて作るきっかけとしては、このグルメ半額優待はお手頃です。


当グルメ優待の具体的なレポート


当サイト管理人も、しばしば当グルメ優待を使っており、実際にレストランに行ったときの具体的なレポートを書いています。


以下の記事は、アメックス・ゴールドに付帯する「ゴールド・ダイニング by 招待日和」を使用したときのレビューです。

● ゴールド・ダイニング by 招待日和の使用感(六本木・アンディアーモ)

これから高級クレジットカードを作りたいと思っている方は、参考にしてください。


■ 次ページ クレジットカードのコンシェルジュとは?


<関連ページ>


<ほったらかしで月収100万円を継続的に稼ぐ方法>

アンリミテッドアフィリエイトで稼ぐ
アンリミテッドアフィリエイト24800円)は、月収100万円以上をほったらかしで稼げるアフィリエイトのやり方が、初心者むけにまとまっている教材です。

<素早く1万円~10万円を無料で稼ぐ方法>

モッピーで稼ぐ
モッピー登録無料)は、サービスの無料登録、カード・口座作成やゲーム、メール受信、広告クリックといったデータ入力作業で、すぐにお金を稼ぐことができます。
Copyright(c) 2012-2017 ネットでお金を稼ぐ方法大百科