ネットでお金を稼ぐ方法を比較してまとめた、無料のお金稼ぎ攻略サイト。小中学生の子供から主婦、お年寄りまでできるよう、わかりやすく解説。

RSIとは?
<投資でお金を稼ぐ方法・テクニカル分析講座6>


RSIとは相対力指数のことで、全体的な値動きのうち、値上がりがどの程度をしめているかを示す数字です。

チャート分析では、逆張りのオシレーター系分析のひとつとなっています。

RSIの基本的な計算方法は、以下のとおり。


RSI=値上がり幅÷(値上がり幅+値下がり幅)×100(%)


この数式を基本として、数日間の平均をとったり、当日の数値を強調したりなど、各証券会社・FX会社で、計算にさまざまなアレンジがくわえられます。


たとえばドル円レート100円が、24時間ごとに以下のように推移したとします。


101円(+1)

104円(+4)

99円(-1)

95円(-5)

100円(±0)


この場合は上昇幅があわせて5円、下降幅があわせて6円なので、


5÷(5+6)×100=45


RSIは45%です。

やや上昇幅よりも下降幅のほうが大きいことを示しています。

株価・為替レートが上昇トレンドを形成していれば、RSIは高めになりますし、逆に下降トレンドを形成していれば、RSIは低めになります。


RSIはストキャスティクス等の他のオシレーター系分析同様、0%~100%を移動する指標であり、70%以上になれば買われすぎ(売りシグナル)、30%以下になれば売られすぎ(買いシグナル)、という判断をくだすことができます。


またRSIの変動レンジを分析し、ブレイクポイントを探せば、その後の価格(株価・為替レート)の変動を察知することもできます

たとえば最低値20%・最高値60%のレンジ(範囲)をしばらく上下に振幅していたRSIが、そのうち最低値30%・最高値70%の振幅に推移すれば、RSIが高値をブレイクしたということで、その後、価格は上昇トレンドを形成する可能性があります。

もちろんこれは、RSIの高値・安値をつないで、サポートラインやレジスタンスラインをひくことでも、分析することができます。


さらにRSIでは、ダイバージェンスと呼ばれる逆行現象が発生することもあります。

価格がさがっているにもかかわらず、RSIがあがりつづけていると、それは上昇トレンドへの転換の兆候になりますし、逆に価格があがりつづけていても、RSIがさがりつづけていると、それは下降トレンドへの転換の兆候になります。


これでテクニカル分析に関するマニュアルはおわりです。

次ページより、忙しい人にオススメとなる投資信託の解説に入ります。


■ 次ページ 投資信託を買うための基本知識


<ほったらかしで月収100万円を継続的に稼ぐ方法>

アンリミテッドアフィリエイトで稼ぐ
アンリミテッドアフィリエイト24800円)は、月収100万円以上をほったらかしで稼げるアフィリエイトのやり方が、初心者むけにまとまっている教材です。

<素早く1万円~10万円を無料で稼ぐ方法>

モッピーで稼ぐ
モッピー登録無料)は、サービスの無料登録、カード・口座作成やゲーム、メール受信、広告クリックといったデータ入力作業で、すぐにお金を稼ぐことができます。
Copyright(c) 2012-2017 ネットでお金を稼ぐ方法大百科