ネットでお金を稼ぐ方法を比較してまとめた、無料のお金稼ぎ攻略サイト。小中学生の子供から主婦、お年寄りまでできるよう、わかりやすく解説。

SFC修行とは?
<クレジットカード・融資の基本マニュアル19>





当ページでは、ANAカードのスーパーフライヤーズカードを獲得するための「SFC修行」について、解説しています。


SFC修行とは、ANAマイレージクラブのプレミアムポイントを1年以内で5万ポイントためるために、短期間で飛行機にのりまくることです。

この作業が過酷であるため、しばしば「修行」と呼ばれます。


ANAマイレージクラブではANA便の飛行機に乗ると、フライトマイル以外にもプレミアムポイントがたまります。

プレミアムポイントに応じて、ANAマイレージクラブ内のステータスが以下のように変化。


<ANAマイレージクラブのステータス>

  • プレミアムポイント年間3万以上 → ブロンズ会員(スターアライアンス・シルバー会員)

  • プレミアムポイント年間5万以上 → プラチナ会員(SFCの申込権利発生、スターアライアンス・ゴールド会員)

  • プレミアムポイント年間10万以上 → ダイヤモンド会員(SFCの申込権利発生、スターアライアンス・ゴールド会員)



このプラチナ会員以上のステータスになることで、スーパーフライヤーズカード(SFC)とよばれるクレジットカードを申しこむ資格ができます

このカードを所有することで、特典航空券が入手しやすくなる、空港の待ち時間がへる、高級ラウンジが使い放題、などのメリットがあります。

旅行やマイルを極める人は、最終的にこのSFCにたどりつきます。


<スーパーフライヤーズカードのメリット>

  • 特典航空券をとりやすい(重要)

  • 搭乗クラスに関係なく、同一航空連合内の専用ラウンジが使い放題

  • チェックインカウンター、保安検査場、手荷物うけとりタグが専用のものとなり、空港の待ち時間をなくせる

  • 飛行機の座席を優先的に選べる

  • エコノミークラス利用時は、プレミアムエコノミーに無償アップグレードできる

  • ボーナスマイル付与率のアップ


  1. ANAの飛行機にのることでプレミアムポイントがたまる

  2. プレミアムポイントを1月~12月の1年間のうちに5万ポイントためることで、翌年4月からの1年間、ANAマイレージクラブのプラチナ会員になれる

  3. プラチナ会員のあいだであれば、SFCをもうしこめる

  4. SFCを作って年会費をはらいつづけることで、特典航空券の優先予約などのメリットが永久化する

  5. SFC修行をする場合は、あらかじめANAワイドゴールドカードなどのANAカードを、SFCへのきりかえ用クレジットカードとして持っておくのが重要


1回SFCを作って年会費をはらいつづければ、あとは一切修行してポイントをためる必要がない、というのがミソです。

特典航空券の優先予約や空港の待ち時間減少といったメリットは、本来プラチナ会員・ダイヤモンド会員などの1年間限定のサービスです。

しかしSFCを作ることで、それが永久化。

同時にスターアライアンスのゴールド会員資格も永久化しますので、空港ラウンジもスターアライアンス内であれば使い放題となります。

1年だけ5万ポイントためればOKですので、旅行好きで奮闘する人は多いです。

家族カードも作成可能で、家族はSFC修行をせずとも、上述の恩恵にあずかれるのもメリットです。


なおSFC修行前に、あらかじめ特定のANAカードを作っておくのがオススメです。

せっかくプラチナ会員になってSFCの申込資格が発生しても、SFCのクレジットカード審査におちてしまったら、努力が水の泡となります。

スーパーフライヤーズカードきりかえに対応したANAカードを作っておくことで、SFCの資格が発生したときには、審査無用でカードのきりかえがスムーズにできます

きりかえ対応のANAカードでオススメは、コスパの良いANAワイドゴールドカードです。


ANAワイドゴールドカードをスーパーフライヤーズカードにきりかえると、ANAスーパーフライヤーズ・ゴールドカードとなり、年会費が税別1000円上昇。

年会費税別1万5000円となりますが、三井住友カード系列につき、マイ・ペイすリボWEB明細利用で割引があり、最大で税別1万500円までさがります。


通常年会費割引後年会費
ANAワイドゴールド14,000円9,500円
ANAスーパーフライヤーズ・ゴールド15,000円10,500円

目次

プレミアムポイントがたまる効率的なSFC修行法


結論から言えば、SFC取得のためには、以下の条件で飛行機往復するのがオススメとなります。


  • 東京~沖縄のANA便を、プレミアム旅割を使って1年以内に9回往復。オフシーズンを狙えばトータル45万円程度の出費。


この条件で、5万プレミアムポイントを達成できます。


● ANA・プレミアムポイント(外部リンク)

プレミアムポイントを効率的にためるには、PP単価を考える必要があります。

PP単価とは、1ポイント入手するために何円使ったかを示す数字で、この数字は低ければ低いほど良いです。

目安は、PP単価5円~10円がオススメです。


ANAでのプレミアムポイントの計算方法は、以下のとおり。


  • 国内線 → フライトマイル×2+400

  • 国際線・アジア → フライトマイル×1.5+400

  • 国際線・その他 → フライトマイル×1+400

  • フライトマイル → 区間基本マイレージ×積算率


フライトマイルについては、別記事参照。

● フライトマイルについて


ご覧のとおり、効率よくプレミアムポイントをためたいなら、獲得数が2倍になる国内線を使うのが重要です。

+400の部分については搭乗ボーナスポイントで、航空券の種類によってはつかない場合もあるので、気をつけます。


プレミアムポイントを考えるなら、季節は関係ありません。

なるべくオフシーズンで航空券が安いときにプレミアムポイントをためるようにすると、自動的にお金の節約になります。


問題になるのは、積算率搭乗ボーナスポイントです。

このふたつは高級座席の航空券になるほど、条件がよくなっていきます


王道のオススメは、プレミアム旅割を使って積算率を125%にし、ボーナスポイント400もつけたうえで、東京(関西)~那覇(宮古・石垣)のルートを年に9回往復する、という戦略です。


東京から那覇までの区間基本マイレージは、984。

那覇までプレミアム旅割で往復すると、「(984*1.25*2+400)*2=5720」で、5720ppたまります。

夏の繁忙期をのぞけば、ANAでの東京~那覇のプレミアム旅割往復は、およそ5万円。

冬の閑散期(11月~3月)なら、往復4万円以下ですむこともあります。

往復5万円で5720pp確保できるなら、PP単価はおよそ8円~9円となる計算です。


5万円の東京~那覇のプレミアム旅割往復を、9回することによってプラチナ会員達成

トータル45万円の費用で、スーパーフライヤーズカードが手に入る計算です。

ただし宿泊や食事のお金は、別に考えます。


多くのSFC修行者が言うことですが、何度も那覇に行っていると飽きます。

那覇に飽きたら、たまには石垣や宮古に行くことも考えていいでしょう。

ただし注意点として、那覇にくらべて石垣や宮古は便が少ないこと、プレミアム旅割がとりにくいこと、日帰りが難しいことが、デメリットとしてあげられます。


なおプレミアム旅割を使わず普通席を使う場合は、PP単価が5円あたりまでさがりますが、そのかわり飛行機に乗る回数が増えることに注意します。


安い運賃でいけばお金が節約でき、高い運賃でいけば時間が節約できる

お金の効率と時間効率、どちらを優先するかはSFC修行者次第ですが、だいたいの人はやはりプレミアム旅割を使って、スマートにプラチナ会員を目指します


また東京の場合、羽田空港より成田空港を使ったほうが安い航空券がでていることが多く、PP単価は安い傾向です。

東京都に住んでいる人にとっては億劫ですが、なるべく成田空港を使ったほうが賢明です。


● 成田エクスプレス料金(外部リンク)

● 京成スカイライナー料金(外部リンク)

新宿駅~成田空港駅だと、成田エクスプレスは3190円。

上野駅~成田空港駅だと、京成スカイライナーは2470円。

所要時間はおよそ1時間。


なお国内線でなく国際線で修行するなら、東京~シンガポール往復が推奨されます。


JALグローバルクラブについて


● JAL・FLY ON ポイント(外部リンク)

JALでも同様、ANAのスーパーフライヤーズカードに似た仕組みがあります。

こちらでは「JGC修行」とよばれ、「FLY ONポイント」とよばれるポイントが、ANAのプレミアムポイントにあたります。

JAL便を1年以内に何度も乗って、5万FLY ONポイントをためることで、JALグローバルクラブ(JGC)に入会が可能

特定のクレジットカードを作ることにより、JALグローバルクラブの特典が永久化します。


対象のクレジットカードはJALカードで、下記のいずれか。


  • CLUB-Aカード

  • CLUB-Aゴールドカード

  • JALダイナースカード

  • JALアメックスプラチナ

  • JAL JCBプラチナ


● JALグローバルクラブ入会資格(外部リンク)

年会費が一番安くてすむのは、税別1万円のCLUB-Aカードです

ANA同様、修行する前にあらかじめ作っておくことで、JGC専用カードのきりかえがスムーズとなります。


JALマイレージバンクでは、JAL便の搭乗でマイル以外にもFLY ONポイントがたまります。

そのポイントによって、JALマイレージバンクのステータスは、以下のように変動。


<JALマイレージバンクのステータス>

  • FLY ONポイント年間3万以上 → クリスタル会員(ワンワールド・ルビー会員)

  • FLY ONポイント年間5万以上 → サファイア会員(JGCの申込権利発生、ワンワールド・サファイア会員)

  • FLY ONポイント年間10万以上 → ダイヤモンド会員(JGCの申込権利発生、ワンワールド・エメラルド会員)



JGCにもうしこむことで、JALマイレージバンクのサファイア会員とワンワールドのサファイア会員の資格が半永久化

ワンワールドに属する他の航空会社の限定ラウンジも、使えるようになります


ANAとの最大の相違点として、JALでは「FLY ONポイント年間5万以上」という条件だけでなく、「FLY ONポイント年間1万5000ポイント以上、かつ50回以上の飛行機搭乗」という条件でも、JGCの申込が可能となる点です。

お金の節約派で時間をかけれる人は、後者の基準もオススメとなってきます。


  • 国内線 → フライトマイル×2+400

  • 国際線・アジア → フライトマイル×1.5+400

  • 国際線・その他 → フライトマイル×1+400

  • フライトマイル → 区間基本マイレージ×積算率


FLY ONポイントのたまり方は、ANAのプレミアムポイント同様、国内線で2倍となり、航空券の種類によって毎回400ポイント追加


オススメの修行ルートもANA同様、東京~沖縄往復となります。

ただし「50回以上の飛行機搭乗」の条件でいくなら、那覇~石垣、石垣~宮古などで沖縄県内を何度も行き来するのがオススメです。


JALグローバルクラブの特典内容も、スーパーフライヤーズカード同様、特典航空券の優先予約空港の待ち時間削減などです。


無料でスーパーフライヤーズカードを目指す方法


ANA限定となりますが、航空券を完全無料化し、プレミアムポイントをためる方法があります。

ポイントサイトでためたポイントをソラチカルートでANAマイルにし、マイルをスカイコインに交換

そのスカイコインで航空券を買う、というものです。


特典航空券を使ったフライトでは、ANAマイルはもちろんプレミアムポイントもたまりません。

しかしスカイコインで買った航空券については、ANAマイルもプレミアムポイントもたまるようになっています。


  • 特典航空券 → ANAマイル・プレミアムポイントがもらえない

  • スカイコインで買った航空券 → ANAマイル・プレミアムポイントがもらえる


普通ANAマイルは特典航空券に交換するのがメジャーですが、ANAスカイコインにも交換ができます。

特典航空券よりも還元率がかなりさがるため、効率を考えるならあまりオススメではありませんが、完全に無料ですましたいという人には、ポイントサイト・ソラチカルートの裏技の活用もオススメとなります。

ANAマイルがたまったら、最初はスカイコインに交換して航空券を購入し、スーパーフライヤーズカード入手後は、特典航空券への交換にきりかえていくのがいいでしょう。


ポイントサイト・ソラチカルートの裏技については、別記事にて紹介しています。

● ポイントサイトでANAマイルをすばやく稼ぐ


ANAマイルはJALマイルにくらべて入手方法が豊富なので、節約派には非常に好まれます。

そういった意味でも、節約派はJAL・JGCよりもANA・SFCを優先的に作るのが、オススメと言えます。


■ 次ページ nanacoとクレカを使った節約法まとめ




<関連ページ>


<期間限定・当サイトからの無料プレゼント>

*メールアドレス
*名前
12月31日まで限定で、当フォームから当サイトの無料メルマガに登録してくださった方に、プレゼント「成功するためには苦痛を快楽にせよ」を無料配布中です。

<素早く1万円~10万円を無料で稼ぐ方法>

モッピーで稼ぐ
モッピー登録無料)は、サービスの無料登録、カード・口座作成やゲーム、メール受信、広告クリックといったデータ入力作業で、すぐにお金を稼ぐことができます。
Copyright(c) 2012-2017 ネットでお金を稼ぐ方法大百科