ネットでお金を稼ぐ方法を比較してまとめた、無料のお金稼ぎ攻略サイト。小中学生の子供から主婦、お年寄りまでできるよう、わかりやすく解説。
トップコラム・マインド > 現在のページ

東大に入れた人ならネットビジネスで必ず稼げる
高学歴ニート特集!


本




東京大学、京都大学、慶應義塾大学、早稲田大学など、最近は高学歴ほど、無職(ニート)になりやすいとよく言われます。

特に東京大学を卒業したという華やかな学歴を持ちながらも、就職活動では実を結ばず、ニートになってしまう人は多いです。


このページでは、なぜこうしたことが起きるのかを検証しながら、東大生がネットビジネスに向いているかどうかについて、書いています。


目次
  1. 東大生が就職できない・稼げない7つの理由

  2. 大学院(修士課程・博士課程)について

  3. 東大生はネットビジネスで稼ぐことができるのか?

  4. 目的意識のない高学歴者がやる気をだすには?

  5. 受験勉強の確実性とアフィリエイトの不確実性

  6. 自分が天才であるという錯覚はなくす

  7. 低学歴でも当然ネットビジネスで稼げる


(1)東大生が就職できない・稼げない7つの理由


  1. やる気がない(一番大きい)

  2. 基本的に受け身で、主体性・自主性がない

  3. 自分を過大評価していてプライドが高い

  4. リスクを犯そうとしない

  5. 大学院の需要のないコースに進む

  6. 能力不足を社会や会社のせいにする

  7. 東大入学を人生のゴールと思い込む


まず高学歴ニート全般に特徴的なのが「やる気がない」ということです。

東大受験に意欲的な人は、与えられた課題・暗記物については、いくらでも時間をかけることができます。

しかしそれはあくまで受け身なもので、自分から積極的に専門分野の知識を、吸収しようとする気力のある人は少ないです。

とりあえず東京大学に入っておけば将来安泰、という固定観念だけで動いている人が多いわけです。


親に服従している人ほどこうした傾向が際立ち、いざ自立しようとするときには主体性がないので、入社試験などでは落ちやすくなります。

起業して独自に稼ぐための知識についても、あまり得ようとはしません。


また高学歴になるとプライドが高くなりがちで、どんなに良質な雇用体制であっても、それだけでは満足することができません。

「もっと自分にはなにかあるはず。楽な稼ぎ方があるはず」と考えてしまうわけです。


(2)大学院(修士課程・博士課程)について


高学歴ほど大学院に進学していきます。

このとき注意しなければならないのが、企業からの需要がないコースに進んでしまうと、いわゆる高齢ニートになりがちであるということです。

特に文系で博士課程に進んでしまった人は、将来の道がかなり限定されます

もちろん博士号獲得自体にも尋常ならざる努力と才能、そして学費が必要です。

博士号を獲得したとしても、ポスドクとしての学者・研究者の人生は、生活に余裕があるものではありません。

研究者の場合は、社会保険がつかない、なにより無職と同じ扱い、ということも珍しくはないです。

理系の需要あるコースなら話は別ですが、研究者・学者として人生を捧げ、低収入で忙しくなってもいいという覚悟のある人でなければ、修士課程・博士課程は進むべきではありません。

モラトリアムの延長で大学院に進学する人も多いですが、将来的なことを考えるなら、大学院は中途半端な気持ちで進学するべきではないでしょう。


(3)東大生はネットビジネスで稼ぐことができるのか?


タイトルにもある通り、東大生をはじめとする高学歴の人は、ネットビジネスによる起業では、間違いなく稼ぐことができると私は思っています。

ネットビジネスにもいろいろありますが、私が実行して実際に稼いでいるアフィリエイトの手法などであれば、東大生達には一番むいている稼ぎ方とすら私には感じられます。

というのは、アフィリエイトで重要視される作業もまた、勉強(時間投資)であるためです。


楽にお金を稼ぐことはできるか?」でも書きましたが、アフィリエイトで稼げるかどうかは、ちょうど難関大学の一般受験に受かれるかどうかと、同じ次元の話になってきます。

東大生をはじめとする難関大学生は、大量の時間を無償で勉強に費やすという時間投資をおこなうことで、受験を制して大学に入学しています。

アフィリエイトでも同じように、最初に大量の時間投資をおこなうことで、後々それに見合った大量の不労所得を稼いでいきます。

ですのでアフィリエイトは東大生にとって、受験勉強でついやした時間投資の努力を、そのまま活かしやすいネットビジネスと言えます。


人間には向き不向きがあるもので、世の中、金銭投資のギャンブルはもちろん、時間投資すらやる気がでずに、通常の被用者・労働者としての人生を歩まざるをえない人というのが、たくさんいます。

そんな中、高学歴者は時間投資し、努力をする能力には優れています。

受験勉強もアフィリエイトも、行動しなければ成功しません

そしてどちらも多くの人が目的意識が低いため面倒くさがって、行動しようとはしないものです。

受験勉強においては、東大生はその壮絶な時間投資の競争を勝ちぬいた存在なわけですから、アフィリエイトにしても、成功できる見込みが大きくなるのは当然ですよね?

どんなに才能がなくて不器用な人でも、1、2年もあれば、月収20万円程度は独力で簡単に稼ぐことができるでしょう。

器用な人であれば、受験勉強に使用した1割にも満たない時間量だけで、月収50万円の不労所得を達成できる人もいます。

東大生の皆さんも伊達に優秀と言われてないわけですから、こうした最速の稼ぎに挑戦してみるのも、面白いと思いますよ。


受験勉強と言いましたが、通常の学校では英語、国語、数学といった科目があるのに対し、アフィリエイトではHTMLCSSSEOといった共通科目、そして自分が扱っていきたい専門分野の情報といった特別科目があると思えば、わかりやすいです。

またアフィリエイトで知識を身につけるさいは、受験勉強のように丸暗記をする必要はなく、なんとなく覚えているだけでもOKです。

知識を活用するような試験も当然ありません。

そのかわり身につけた知識を使って、お金を稼ぐ仕組み(ウェブサイトやメルマガ等)を自分で作っていく必要があります。

これは言ってみれば、実技の分野です。

ですから知識の丸暗記というよりは、インプット(知識の吸収)とアウトプット(知識を自分の文体でサイト上にはきだす)のバランスが重視される、と言えます。


高学歴だから普通の仕事が嫌で、自分を過大評価している、という人にも、アフィリエイトは最適です。

アフィリエイトは不労所得ですから、最初に大量の時間を無償でかければ、あとはほったらかしで稼ぐことができます。

稼ぎ方としては、それこそ東大というステータスと同じくらいの特権、と言うことができるでしょう。

大体高学歴ニートの人は、たくさん苦労して勉強したにも関わらず、偏差値の低い、他の大学卒業生と同じ労働時間で同じ金額しかもらえないから、不満があるのだろうと思います。

そうした人には、やはり不労所得という形式でお金を稼げるアフィリエイトは、この上なくオススメと言えます。


なお、昔から親に勉強漬けにされてきた子供は、総じて引きこもり率が高いですが、そうしたタイプの人にも、家にいるだけで成立するネットビジネスは、最適となります。


<高学歴者のこんな部分がアフィリエイトには最適>

  • なにかを成し遂げるために大量の時間投資ができる点

  • プライドが高く、必要最小限の時間をかけて大量の得をしたいと思う点

  • ひきこもりがちな点


労働者・被用者として生きていく際にはデメリットとなる性質も、ネットビジネスでは一転してメリットとなることが、わかると思います。


そもそもこれは一般論になりますが、東大にうかることよりも、大金を稼ぐことのほうがはるかに簡単です。

高学歴の方々は、もっと気を抜いてお金稼ぎにチャレンジしていただければ、と思います。


(4)目的意識のない高学歴者がやる気をだすには?


受動的に勉強だけしてきた高学歴の人達と、実際に起業・自営業で能動的に稼いでいる人達の違いは、目的意識の差だけです。

「やる気がない」という目的意識の部分を刺激してやれば、高学歴者は大量の知識を吸収できる頭脳(手段)には恵まれているのですから、いくらでも稼げるはずです。


やる気のない人は、まず将来の自分のことを考えてみましょう

将来的に貧乏になり、お金が必要になれば働かざるをえません。

死ぬのが嫌なら、最低限のお金が必要です。

親がお金持ちで、相続で生きながらえることができる、というならば、もちろんそれで結構です。

しかしそうしたとき親を頼れないなら、最低限の生存欲求を働かせましょう。

そのときお金を稼ぐということは、生きるということと同義になります。

お金、すなわち自分の命がかかっているとわかれば、でないやる気も自動的にでるはずです。

もしここでやる気が出ないようなら、あとはもう自殺志願者と同じですから、救いようがありません。


私としては高学歴ニートが、見栄と権威づけ程度にしかならない勉学には必死になるにも関わらず、なぜ自分の生活や命がかかっているお金稼ぎには必死になろうとしないのかが、気になります。


(5)受験勉強の確実性とアフィリエイトの不確実性


受験勉強はできても、稼ぐためのビジネスの知識は、まったく身につけようとしない。

そんな高学歴の大学生達が、山ほどいます。

これは、アフィリエイトをはじめとするネットビジネスの知識や、起業のノウハウが変わりやすいこと、そしてこれら稼ぐための方法・技術が、受験勉強であつかわれる数学や理科といった学問のように、権威づけされていないことが理由です。


ようするに時間投資の概念を理解していない初心者からすれば、アフィリエイトの手法などは実際に稼げるかどうかが不確実であるため、それらの作業をすることに、多くの大学生は無駄を感じてしまうわけです。

その結果、起業をあきらめ、労働する時間と稼げるお金を単純に等価交換する、労働者・被用者として生きていくことを選んでしまうわけです。


正直東大生はそれまで受験勉強にかけた5分の1の時間だけでも、アフィリエイトに費やせれば、月収50万円以上を自動で稼ぐ仕組みを、簡単に作れます。

しかし多くの大学生はその方法を知らないし、知っていても確実性が保障されていないから、やろうとしないわけです。

独自に大きくお金を稼ぎたい場合は、従来の受験勉強のように、与えられた課題をこなすだけではダメです。

自分から主体的・積極的に、お金を稼ぐ方法を調べていく必要があるのです。


アフィリエイトには「受験勉強のように、最初に膨大な時間を無償でかける必要がある」「将来的に稼げるかどうかが不確実」というリスクがあるかわりに、「あとで自動で、楽に大量のお金を稼ぐことができる」というリターンが成立します。

高学歴になるほど、皮肉なことにリスクをおかさない人が多くなりますから、リターンを得られません。

大きく稼げるビジネスは、リスク&リターンが基本です。

詳しくは「効率的に稼げる方法は、何事もリスク&リターンとなる」を参照してください。

大きく稼ぐためには、時間かお金、どちらかを投資する必要があるのです。


(6)自分が天才であるという錯覚はなくす


自分が就職できないこと、稼げないことについて、高学歴ニートはよく会社や社会のせいにしたがります。

当たり前のことですが「難関大学にいく=労働する能力・稼ぐ能力が養われる」ということではありません

自分から自主的に、会社で有用な能力を磨いたり、情報起業で稼ぐ方法を勉強したりする必要があります。

これは就職やお金稼ぎにかぎったことではなく、大学とは、いろんな物事を自主的に、自分からとりくんでいく場所です。

大体そうした主体性のない人は、単位を受動的にとるだけで大学生活を終えます。

自主的に行動して技術や知識を獲得していかないと、東京大学というネームバリューだけの、学歴頼みとなってしまうわけです。


言ってみれば就職活動における学歴は、恋愛におきかえれば容姿みたいなものです。

恋愛において、どれだけ相手の容姿が良くても、その相手が、家事ができなかったり仕事する能力がなかったり等で甲斐性がないと、結局その恋愛は長続きしないことが多いですよね?

短い間のつきあいだけなら、容姿だけでもいけるでしょう。

しかし長い間計画的につきあっていこうとするなら、やはり甲斐性や実用性といったものが問われてくるのです。

それは仕事にも、同じことが言えます。

学歴はあくまでオプションであって、そんなものよりも、あなたがその会社でどれだけ生産性のある存在かが、重要になります。

恋愛における容姿オンリー重視と同じように、就活における学歴オンリー重視は短命となり、あなたはすぐにその仕事をやめることになるでしょう。


基本的に官僚コースに進む以外の進路では、就活における東京大学生の待遇というのは、そこまで他の大学生と差があるわけではありません。

官僚の国家公務員試験に無勉強で通過できるのは、本当に一握りの才能ある人だけで、大体の東大生というのは努力家です。

にも関わらず自分を過大評価するのも、高学歴者の悪い所と言えます。


東大生だろうと京大生だろうと、学歴という肩書きだけでは、「お金を大量に効率よく稼ぐ・待遇の良い職場で働く」という問題になると、そこまで力を発揮しないという現実を、まずは知りましょう。

厳しいですが、まずは東大生等高学歴の方々は、自分が天才であるという錯覚をなくすことが肝要です。

実際のところ本当の天才であれば、会社に依存せず、なにもしなくても独力で月100万円でも1000万円でも、知らないうちに大量にお金を稼ぐことができているはずですよね?

それができていない以上、自分が天才であるという思いあがりは捨てるべきです。

就職活動をしている時点で、あなたは天才ではありません

その点を、再確認しておくべきでしょう。

そこを誤解して、主体性もなく怠惰な大学生活を送り、ただ東大生であるだけで「自分はすごい」と勘違いしているプライドの高い人は、普通の仕事にせよネットビジネスにせよ、いつまでたってもお金を大きく、そして楽に稼ぐことはできません。


東京大学に入学することで、人生のゴールに達成できるわけではありません。

なぜなら人生は、勉学だけでは生計をたてることができないからです。

資本主義社会で生計をたてるには、お金を稼げないといけません。

逆を言えば、お金をしっかり稼ぐことさえできれば、それで人生における必要最低限のゴールには到達したことになります


普通の労働者・被用者として働くのが嫌ならば、難関大学に入ったあとも気を抜かず、4年間の大学生活で、独立して効率的にお金を稼ぐためのノウハウを、しっかり自主的に勉強していきましょう。

当サイトでもアフィリエイトポイントサイトの方法をはじめとし、様々なネットビジネスのやり方を掲載しています。

参考にしてください。


(7)低学歴でも当然ネットビジネスで稼げる


以上になりますが、当コラムで私が主に言いたいことは、「高学歴=稼げる」というよりも「時間投資のできる人=稼げる」ということです。


高学歴な人は受験勉強などで時間投資できる人が多い、だから「高学歴=稼げる」という、いわば「A=B、B=CならばA=C」という三段論法で語ってしまいましたが、時間投資のできる人であれば、もちろん中卒だろうと高卒だろうと、いわゆるFランの大卒であろうと、誰でもアフィリエイトで稼ぐことができます

受験勉強で時間投資をたくさんおこなってきた高学歴の人達は、アフィリエイトで時間投資をして大量に稼ぐことも比較的容易な傾向だろう、というだけの話です。


中卒高卒といった低学歴にも、それはそれでいい所があります。

たとえばリスクをかけれる点については随一です。

高学歴はなまじ半端にプライドが高かったり、自分の学歴をいかして安定的に稼ごうとしたりしてしまうから、思わぬ墓穴をほることもしばしばです。

その一方、低学歴だと失うものはなにもないため、思い切った行動をおこなうことについては長けています

ただ高学歴と比べると、時間投資をおこなう忍耐力を補う必要は、でてきそうですね。


  • 低学歴 → リスクをかけれるのでリターンを得やすい傾向だが、そのぶん時間投資をおこなう忍耐力に欠ける傾向

  • 高学歴 → リスクをかけれずリターンを得られない傾向だが、そのぶん時間投資をおこなう忍耐力に秀でている傾向


結局は低学歴だろうと高学歴だろうと、稼ぐという段の話になれば、どちらにもメリット・デメリットがあるものです。

だったら単純に自分にはないものを補えばいいだけ、という話になります。

低学歴ならば忍耐力を。

高学歴ならば柔軟性を。


人間の精神性なんてものは、いくらでも変節していきます

人間の心は私達が想像する以上に順応性が高く、簡単にねじまげることができるものです。

本気で稼ぎたいという人は、ぜひお金稼ぎに最適化した精神状態や人格を、積極的に構築していきましょう。




<関連ページ>


<ほったらかしで月収100万円を継続的に稼ぐ方法>

アンリミテッドアフィリエイトで稼ぐ
アンリミテッドアフィリエイト24800円)は、月収100万円以上をほったらかしで稼げるアフィリエイトのやり方が、初心者むけにまとまっている教材です。

<素早く1万円~10万円を無料で稼ぐ方法>

モッピーで稼ぐ
モッピー登録無料)は、サービスの無料登録、カード・口座作成やゲーム、メール受信、広告クリックといったデータ入力作業で、すぐにお金を稼ぐことができます。
Copyright(c) 2012-2017 ネットでお金を稼ぐ方法大百科