ネットでお金を稼ぐ方法を比較してまとめた、無料のお金稼ぎ攻略サイト。小中学生の子供から主婦、お年寄りまでできるよう、わかりやすく解説。
トップ投資・資産運用攻略 > 現在のページ
- 次ページ

VTの稼ぎ方・攻略法まとめ


● バンガード・トータル・ワールド・ストックETF(VT)


VTで稼ぐ方法・ポイント・コツ一覧


  • 1回につき30万円以上を投資できるなら、忙しい人が稼ぐさいに一番オススメになる放置系投資法

  • バランス型投信の中でも信託報酬が世界最安。(2014年2月28日、さらに年率0.18%にさがる)

  • 信託報酬が安いかわりに、一律の購入手数料がかかる。(下記詳細)

  • ETFであるため、株のように指値注文などで売買できる。(かわりに積立設定ができない

  • 配当金の再投資は自分でおこなう必要がある。

  • 税金は確定申告をして自分でおさめる必要がある。

  • SBI証券楽天証券マネックス証券で買え、特にSBI証券で買うのがオススメ。(下記詳細)


VTの基本情報


バンガード・トータル・ワールド・ストックETFは、ティッカーコードで略称「VT」とよばれる海外ETFです。

長期運用の預貯金型バランス投信としては一番安定しており、なおかつ一番低コストで稼げる投資信託です。

その効率のよさは、他記事で紹介している世界経済IFや、セゾン・バンガードGBFといった投資信託を上回ります。


海外ETFの投資信託であるため、さまざまな制約がありますが、基本的に30万円以上を一気に投資できるのであれば、忙しい人が手間をかけずに資産形成するさいには、このVTが一番オススメになる放置系投資法です。

忙しい人は、ぜひSBI証券やマネックス証券などで口座開設の上、利用してみてください。

海外ETFについては、ETFで稼ぐをご覧ください。


国籍アメリカ
ETF純資産総額31億米ドル
ファンド純資産総額47億米ドル
運用管理費年率0.18%
買付手数料・売却手数料26.5ドル=2650円(一律)
為替手数料1ドルにつき25銭(SBI証券のFXでは1銭)
最低購入額10口以上(SBI証券)
設定日2008年6月24日
ベンチマーク指数FTSEグローバル・オールキャップ・インデックス

VTは「投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year」で、2012年と2013年に第1位を獲得しています。

● 投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2013

「投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year」は、一般人視点でオススメ投信を分析しており、私達が投信を選ぶうえで非常に役立つ評価基準のひとつです。

そこで何度も1位になっているのですから、信憑性は抜群のファンドと言って間違いありません。


<近年のVTのおおざっぱな投資配分>

アメリカ45%
ヨーロッパ25%
太平洋15%
新興国15%

太平洋には日本も含まれます。

この数字は非常に良好で、バランスよく世界分散投資がなされている、と言っていいです。

このポートフォリオでさらに株式100%のリスクをいかせば、若年層は大きく資産形成するチャンスにつなげることができます。


株はデフレからインフレに推移するさいに強い資産です。

2010年代の日本はデフレからインフレに推移していますので、このような株100%様式のファンドは非常に重宝します。

そうした点からも、世界経済の株100%で投資したい、という人には、VTがオススメになります。


ただしインフレからデフレに推移するときは、債券投資の幅があるセゾン・バンガードGBFなどのほうが、効率が良くなります。

VTを買う人は、インフレ・デフレといった経済状況によって将来リバランスをしていく、などの工夫をすると、さらに利益を見込めます。

また、アセットアロケーションのほぼ半分がアメリカ株ですので、アメリカ経済に大きく基準価額が左右される点にも注意します。


なお、株100%のバランス投信は少なく、当サイトでオススメできるのはこのVTと、セゾン資産形成の達人ファンドの2つくらいです。


<VTの騰落率>

1年17.87%
2年34.90%
3年29.05%
5年166.89%
設定来34.42%

<FTSEグローバル・オールキャップ・インデックスの騰落率>

2003年36.20%
2004年17.00%
2005年12.00%
2006年22.50%
2007年12.30%
2008年-42.20%
2009年37.50%
2010年14.80%
2011年-7.60%
2012年17.20%

上述はVTそのものの期間ごとの騰落率と、ベンチマークであるFTSEの年ごとの騰落率です。

リーマンショックのあった年以外は基本的にプラスなので、基準価額(株価)は全体的に上昇。

上々な結果と言えるでしょう。


<VTの年間管理手数料(信託報酬)の推移>

2009年0.3%
2010年0.25%
2013年0.19%
2014年0.18%

2009年以前は純資産残高が3億米ドルだったのが、現在では40億米ドルをこえています。

その影響で、手数料である信託報酬は過去何度もさがっており、この調子ならまたさらに頻繁にさがっていくでしょう。


実際はもっと複雑ですが、目安として、グローバルバランス型ファンドは、年率平均7%の利益がでます。

なので100万円投資すれば、1年に7万円がふえ、その手数料として信託報酬を1800円払う、ということになります。


VTをうまく使うために気をつけること


効率だけならピカイチのVTですが、当サイトではVTを、忙しい人に最前線でオススメできるファンドとしては、紹介していません。

以下のような制約があるためですが、逆を言えば、これらの障害に対処できさえすれば、どんな人にでもVTはオススメになります。


  • 積立ができない

  • 最低購入額は6万円から

  • 最低30万円以上で買わないと手数料負けする

  • 税金は自分で確定申告しておさめる必要がある(ただし2014年以降解消される可能性あり)

  • 米ドルで買うため、日本円を米ドルに変える為替手数料がかかる


海外ETFは積立ができないため、つねに自分でまとめ買いする必要があります。


VTは10口から購入可能(SBI証券の場合)で、2014年時点では1口60ドルの株価を上下しています。

すると最低購入額は600ドル。

為替レートが1ドル100円として、日本円になおすとおよそ6万円が最低購入額です。


VTは信託報酬が低いかわりに、海外ETFなので、買付手数料・売却手数料がかかることにも注意します。

ただし買付手数料・売却手数料は、何口の購入でも手数料はそれぞれ26.5ドル(およそ2650円)で一律です。

なのでVTをうまく使うには、一回の購入額をより多めにすることが重要です。

手数料負けしないよう、当サイトでは最低30万円以上でのまとめ買いを推奨しています。

またSBI証券と楽天証券の場合、1000口以上の購入はさらに手数料が追加されるため、購入額は1000口以下(600万円以下)におさえます。


なお2014年時点では、海外株式や海外ETFは、特定口座の源泉徴収ありに対応していないことが多いです。

各ネット証券では今後徐々に対応していく姿勢を見せていますが、現状基本的には、海外ETFで利益がでたら、自分で確定申告をする必要があると考えてください。


VTを買うなら、オススメはSBI証券です。

これは日本円を米ドルに変えるときの為替手数料が、FXを使えば安くなるためです。


<VTを買う人が注意すべき2つのこと>

  • 買うときはSBI証券でまとめて30万円~600万円ぶんを買う

  • 税金は自分で申告する


この2点に気をつけます。


<関連ページ>


<ほったらかしで月収100万円を継続的に稼ぐ方法>

アンリミテッドアフィリエイトで稼ぐ
アンリミテッドアフィリエイト24800円)は、月収100万円以上をほったらかしで稼げるアフィリエイトのやり方が、初心者むけにまとまっている教材です。

<素早く1万円~10万円を無料で稼ぐ方法>

モッピーで稼ぐ
モッピー登録無料)は、サービスの無料登録、カード・口座作成やゲーム、メール受信、広告クリックといったデータ入力作業で、すぐにお金を稼ぐことができます。
Copyright(c) 2012-2017 ネットでお金を稼ぐ方法大百科