ネットでお金を稼ぐ方法を比較してまとめた、無料のお金稼ぎ攻略サイト。小中学生の子供から主婦、お年寄りまでできるよう、わかりやすく解説。
トップネットのお金稼ぎ全般 > 現在のページ

Uber Eatsでお金を稼ぐ方法まとめ





最近何かと話題のUber Eats(ウーバーイーツ)。

今回は、Uber Eatsの配達パートナーがどれくらい稼げるのかを、見ていきます。


  • 実際、Uber Eatsの副業ってどうなの?

  • Uber Eatsの配達パートナーってどれくらい稼げるの?

  • 仕事の受注の仕方は?


何も知らないままUber Eatsで働いて失敗したくはないですよね。

この記事では、そんな方たちの疑問にお答えします。


会社が副業禁止という方も、安心して下さい。

あわせて「会社にバレずに副業をする方法」についても解説いたします。


これからUber Eatsで副業をしようと考えている方は、ぜひ参考にしてください。


目次

Uber Eatsとは?



Uber Eats(ウーバーイーツ)とは、スマホやパソコンなど、ネットで食事や商品を注文するとすぐにデリバリーしてくれるサービスのこと。

レストランやファーストフード店など、多くの店舗や企業が提携しており、自分の好みや体調に合わせて自由に注文できます。

スマホの専用アプリや公式サイトから会員登録をすることで、誰でも簡単に注文できます。


Uber Eatsを運営しているのはアメリカの「Uber Technologies Inc(ウーバー・テクノロジーズ)」という会社です。

元々はタクシーの配車アプリを手掛けており、直接輸送のコストを削減するためのシステムがサービスの始まり。

そのシステムが分離する形で、現在のUber Eatsの注文アプリとなりました。


<歴史>

  • 2014年8月にカリフォルニア州サンタモニカにて「UberFRESH」という名称でサービスを開始

  • 2015年に「UberEATS」というサービス名に改名、同時に注文アプリをリリース

  • 2016年に日本でもサービスの提供を開始

  • 現在に至る


Uber Eatsの注文の仕組み



ウーバーイーツの注文の仕組みは下記の通り。


  1. ユーザーが専用アプリやウェブサイトから料理を注文

  2. オーダーを受けた店舗が調理を開始

  3. AI(人工知能)が近くにいる配達員を選定しリクエストを送信

  4. リクエストを受理(仕事を獲得)した配達員が店舗に向かい、料理をピックアップ

  5. ピックアップした料理を注文したユーザーの登録住所へと配達


支払方法は8種類


  1. クレジットカード

  2. デビットカード

  3. プリペイドカード

  4. LINE Pay(ラインペイ)

  5. Pay Pay(ペイペイ)

  6. Apple Pay(アップルペイ)

  7. 現金(代引き)

  8. Uber Cash(ウーバーキャッシュ)


各種カード払いの場合、事前にカード情報を登録しておけば、注文した時点で支払いが完了します。

配達員とのやり取りもなく、料理を受け取るだけで会話や接触もほとんどないので、コロナの感染防止の観点からも、各種カード払いがおすすめ。

直接受け取らない「置き配」を選択することもできます。


配達パートナーの仕組み(登録~仕事の受注方法)



配達員はUber Eatsの「配達パートナー」と呼ばれ、注文された料理を店舗まで取りに行き、注文者に届けるお仕事です。

配達パートナーには登録するだけで、誰でも簡単になることができます


めんどうな面接や履歴書なんかは一切不要

ただし、自転車やバイクを利用する場合は、車両の登録要件がありますので、事前にご確認ください。


● Uber Eats配達パートナー登録ページ


仕事の受注方法


配達パートナーは「Uber Driver」という専用のアプリをインストールする必要があります。

「Uber Driver」があれば、すべての業務を一貫して行うことができます


そのアプリをオンラインにしている時だけ「配達依頼」が届きます。

まだ準備ができていない時は、オフラインにしておきましょう。

配達に行ける場合も、行けなくて依頼を拒否する場合も、アプリ上のボタンをタップするだけでOK。

「Uber Driver」はマップとしても使うことができ、注文者の住所までルート案内をしてくれます。


配達パートナーの報酬制度



配達パートナーの給料は「完全歩合制」です。

配達をした分に応じて報酬をもらう仕組みで、給料の支払いは週払いとなっています。

毎週日曜日締めで、月曜日から日曜日まで働いた分の収入が、翌週の水曜日に支払われます。

最低支払額などもなく、今週の収入が600円だった場合でも、きちんと指定の銀行口座に振り込まれます。

ただし水曜日が祝日の場合や、登録した金融機関によっては、多少振込日が前後します。


配達パートナーの給料の計算方法は下記の通り。


基本料金-サービス手数料10%+インセンティブ=報酬(給料)


基本料金



基本料金(配送料)とは「受取料金+受渡料金+距離料金」の合計金額です。

基本料金は地域によって若干異なり、以下は関東の例。


  • 受取料金:265円 → 店舗で料理を受け取った時点で発生。

  • 受渡料金:125円 → 料理の配達完了した時点で発生。

  • 距離料金:60円/km → 料理を受け取った店舗から配達先までの距離による。


<関東で3kmの場合の例>

受取(265円)+受渡(125円)+距離(180円)=基本料金(570円)


1件の配達でだいたい500円くらいの報酬となります


Uberサービス手数料


基本料金のうち10%が手数料となります。

先ほどの3kmの例の場合、基本料金(570円)×10%=手数料(57円)

つまり配達パートナーの手元に残る報酬は570-57=513円となります。


インセンティブ


インセンティブとは、配送料にプラスで上乗せされる追加報酬のことで、注文の多い時間帯や場所によって適応されます。

主に「ブースト・クエスト・ピーク料金」というインセンティブがあります。


ブーストとは


配送料に掛け算される倍率で、時間・曜日・地域などによって倍率は異なります。

主に、ランチタイムやディナータイムなど、配達の依頼が増える時間帯に発生します。

ブーストは「Uber Driver」で確認することができます。


クエストとは


土日や雨天時などに発生する特別インセンティブ

クエストが発生する日は、事前にメールでお知らせがきます。


  • 4回配達したら+400円

  • 8回配達したら+1,200円

  • 12回配達したら2,400円


など、配達をこなした回数によって、追加収入の金額は異なります。


ピーク料金とは


ピーク料金は、2019年12月12日に新たに導入されたインセンティブ制度です。

ピーク料金が適応されるエリアには、ヒートマップで「色」と「追加金額」が地図上に表示されます

ヒートマップの色が濃い地域ほど、報酬が高くなるシステム


特に注文数が多い時間帯は、注文数に対して配達員が不足している場合があります。

そういった緊急性のある場所へ行くことは、Uber Eats自体のお客様満足度が向上するので、配達員へもインセンティブが還元されます。


Uber Eatsで働くデメリット6つ・メリット9つ



Uber Eatsで働く際のデメリット6つと、メリット9つについて解説します。


(デメリット1)天候や気温による精神的ダメージ


外にいる時間の方が圧倒的に長いので、雨の日は濡れることはもちろん、夏は暑く、冬は寒いです

ただ、そういった悪天候の日に配達をするかは自分の意志で決めることができます。


(デメリット2)人に注目される


Uber Eatsの専用バッグはとにかくデカい!

誰が見てもUberの配達員とわかるので、慣れるまではちょっと恥ずかしいです。

ですが、実はあの配達バッグは必須ではなく、保温・保冷の機能が備わっていれば、お好きなバッグを使ってもよいのです。

Amazonや楽天でも、デリバリーバッグを購入することができます。


(デメリット3)都市部以外ではあまり稼げない


東京や繁華街だと、需要も多く稼げる人が多いです。

しかし郊外のエリアだとまだそこまで需要がなかったり、提携している店舗が少なかったりして、あまり稼げないこともあります。

そういった人が稼ぐには、都心部の駅などにあり、低価格で借りられる「レンタル自転車」のサービスを利用することをおすすめします。


(デメリット4)稼げる時間帯が限られている


Uber Eatsは料理専門の配達をしているので、ランチタイムやディナータイムの配達依頼は多いです。

しかし平日の14~17時あたりの時間帯は、依頼が少ない傾向にあります。


(デメリット5)ケガや病気で働けなくなるリスクがある


Uber Eatsの配達パートナーは、自転車やバイクで配達する人が多いです。

そのため、交通事故のリスクと常に隣り合わせです。

健康な体でないとお仕事に影響がでるので、安全第一・健康第一を常に意識して生活した方がいいでしょう。


なお、Uber Eatsには保険があり、対人・対物への賠償や、傷害補償制度を提供してくれます。

もしも配達中に事故に遭った場合は、入院費や医療費などの見舞金を保障してくれます


(デメリット6)働けるエリアが限られている


Uber Eatsは、まだ日本に上陸して日が浅いので、普及していない地域もたくさんあります

自分の市区町村やその近郊の地域がサービスの対象になっているか、事前にご確認ください。

ただ、Uber Eatsが利用できるエリアは急速に拡大しています。

今はまだエリア外という地域も、近いうちにサービスの対象になるかもしれません。


(メリット1)スキマ時間など働く時間を自由に選べる


自分の都合にあわせて働く時間を自由に選べることが、最大の魅力でありメリットです。

ちょっとしたスキマ時間やヒマな時間を利用して、お金を稼ぐことができます。


(メリット2)給料は嬉しい週払い制


月曜日から日曜日に稼いだ分が、翌週の水曜日あたりに指定口座に振り込まれます

現金払いの配達も受けることができるので、すぐにお金が必要な人には嬉しい制度ですね。


(メリット3)誰でも簡単にパートナー登録ができる


Uber Eatsの配達パートナーになるには、Web上で情報を登録するだけ。

18歳以上であれば誰でも登録できます

年齢の上限もないので、定年退職をした人でも働くことができます。

ただし、配達や仕事の依頼にはスマホアプリを使用するので、電話の発着信ができるスマホがないと登録できません。


(メリット4)お金を稼ぎながらダイエットができる


ほとんどの配達員は自転車を利用しています。

なぜなら、お金を稼ぎながら同時に運動することができるから。


  • 運動不足の方

  • 腰やお尻のお肉が気になる方

  • ダイエットが続かない方


こんな方にはおすすめのお仕事です。


(メリット5)髪型や服装も自由


髪型や服装は、他のバイトだと制限されることが多いです。

しかしUber Eatsで働くにあたって、髪型、服装、ヒゲ、ピアスなどは自由です。

ただし、料理を運ぶお仕事なので、清潔感は意識しましょう


(メリット6)人間関係に悩まなくなる


自分一人で働いているので、うるさい上司もいなければノルマもありません。

コミュニケーションが苦手な人でも活躍できます。

自分のペースで仕事を進めることができ、ストレスが溜まることもありません。


(メリット7)豊富なインセンティブ制度


ブースト・クエスト・ピーク料金など、他のバイトではないような追加報酬制度が多数あります。

なのでやり方次第では、本業よりも稼げてしまう可能性も。


(メリット8)新しいお店が発見できるのも楽しい醍醐味


普段の生活では行かないようなレストランやファーストフード店へ、料理を受け取りに行けます。

その結果、「このレストランの料理おいしそう!」など、新たな発見もあります。

気に入ったお店はプライベートで通ったり、恋人とのデートコースにもできます。


(メリット9)配達パートナー同士の絆が生まれる


同じエリアに居る配達員と顔見知りになったり、同じお店でブッキングすることもあります。

配達パートナー同士の輪が広がっていき、道ですれ違う際に挨拶するのも楽しみの一つになってきます。

知らない道や、はじめて行くお店の場所を教えてもらったりと、情報交換をすることで仕事の効率もアップします

また、お互いに仕事を続けていることの安心感も、配達パートナーを続けていけるモチベになります。


Uber Eatsで稼ぐうえで必要なもの



Uber Eatsで働いて稼ぐにあたって必要なものを紹介します。


  1. 登録時に必要なモノ

  2. 配達時に必要なモノ

  3. 確定申告に必要なモノ

  4. 稼ぐために必要なモノ


順番に解説していきます。


(1)登録時に必要なモノ


  • 顔写真付き身分証明書(免許証、パスポート、マイナンバーカードなど)

  • 銀行口座(ゆうちょ、信用金庫、ネット銀行以外)


<原付、バイク、自動車配達の申請をする方のみ>

  • 運転免許証

  • 自賠責保険の証明書

  • ナンバープレート


<中型バイク、自動車配達の申請をする方のみ>

  • 車検証


<自動車配達の申請をする方のみ>

  • 任意保険または共済保険の証明書


自転車の場合は「身分証明書」と「銀行口座」だけで、すぐに登録が完了しますね。


● Uber Eats配達パートナー登録ページ


(2)配達時に必要なモノ


  • スマホ → iPhone、Androidどちらでも

  • 配達用の保冷バッグ → Amazonや楽天で購入できる

  • スマホ用充電バッテリー → アプリ「Uber Driver」をオンラインにしたままだと充電消費が早いため

  • 充電コード → スマホの充電に使用

  • 防水用のスマホホルダー → 地図を見るためのスマホの固定と、雨天時でも使えるため

  • ウエストポーチ → 現金を扱う場合があるため

  • モバイルWi-Fi(あれば) → マップの使用でスマホのデータ通信が発生するため


(3)確定申告に必要なモノ


前提知識として、Uber Eatsの仕事はバイトやパートと違い、業務委託となります。

なので配達パートナーとなる場合、個人事業主副業といったくくりになります。


  • Uber Eatsを副業として年間20万円以上稼いだ場合

  • Uber Eatsを本業として年間48万円以上稼いだ場合


上記どちらかの場合は確定申告が必要となります。

もしも確定申告を行わなかった場合は、法律違反となり社会的ペナルティーを科せられるので、注意しましょう。


また、ガソリン代やモバイルバッテリーの購入代金は経費として計上できるので、レシートは捨てずに保管しておきましょう。


(4)稼ぐために必要なモノ


稼ぐために必要な心構えがあります。


  • 安全第一 → 安全はUberの基本です

  • 効率重視 → どれだけ多く回れるかがカギ

  • やさしい運転 → 料理を運ぶので、汁をたらしたり、こぼすのは厳禁

  • 感染対策 → アルコールや替えのマスクを持ち運びましょう


Uber Eatsで稼ぐコツ



(1)特別インセンティブの発生しやすい地域や時間を把握しておく

追加報酬を積み重ねることが、多く稼ぐためのポイント。


(2)優良店の把握

マクドナルドや吉野家などのチェーン店は近場にたくさんあるため、配達距離が短く、効率よく稼ぐことができる。


(3)長距離になるお店の把握

タピオカ店や個人経営の店舗は、店舗数が少ないため長距離の配達になりやすい。

ケンタッキーは有名なわりに店舗数が少ないため、長距離になる可能性が非常に高い。


長距離の配達が一番効率が悪い。

Uber Eatsは距離ではなく、基本料金を重ねた方が稼げる。


副業禁止の会社員でもUber Eatsで働ける?



2018年「副業元年」より、働き方改革の一環として、副業を推進する企業が増えてきました。

会社が副業禁止でも、一般的には副業することはできます。

※大前提として、公務員は法律違反となるため副業をすることはできません


絶対に会社にバレない方法とは?


副業をすると住民税で会社にバレてしまうのでは?」と心配している人も多いでしょう。

しかし、よっぽど本業並みに稼いでいない限り、税金でバレる可能性はありません。


<副業がバレる代表的な理由>

  • 誰かに話したことが原因で噂が広まってバレる

  • 副業をしているところを見られてバレる


副業がバレてしまう人の大半は、主にこの2つの理由からです。


また住民税でバレるのは、副業で稼いだ分の税金も会社に請求されてしまうからです。

なので、どうしても心配という人は、確定申告の際に「普通徴収」という方法をとりましょう

普通徴収は、副業の部分の税金だけを自分で払ってしまう方法です。

なので会社にバレることはありません


出前館との比較



  • Uber Eatsと出前館って何が違うの?

  • どっちの配達の方が稼げるの?


という疑問を解決していきます。


働くうえでの条件の違い


Uber Eatsと出前館の違いを表にしてみました。



<出前館>

  • ルールが厳しく登録が少し面倒くさい

  • 1件あたりの単価は高め

  • 事故などの保険はない(必ず自分で加入)

  • 基本料金が固定

  • 配送依頼は少なめ


出前館の配達員は「業務委託」以外にも、時給制のアルバイトや日給制の契約社員もあります。


<Uber Eats>

  • 細かいルールもなく、登録も簡単

  • 基本料金は出前館に比べやや少なめ

  • 距離増し料金やインセンティブ制度など「追加報酬」がある

  • 万が一の保証制度がある

  • 配送依頼は出前館に比べて多め

  • 出前館よりサービスエリアが広い


料理の配達という点では似ているため、どちらも同じような内容のイメージを持ちがち。

ですが、実は全然ちがっています。


登録の簡単さや働けるエリアが広いこと、配達依頼が多いことなどから、Uber Eatsの方にやや軍配が上がっています


  • 生活のリズムが不安定、奇抜な髪色や見た目の人が多いバンドマン

  • ヒゲをどうしても剃ることができない俳優の卵

  • 固定シフトに入ることが難しい芸人さん

  • カラフルな容姿の美容学生


こういった事情をかかえている人たちの生活を支えてくれることからも、Uber Eatsの人気の高さが伺えます。


Uber Eatsでお金を稼ぐ方法・まとめ



今回はUber Eatsの配達パートナーがどれくらい稼げるのか、徹底的に見てきました。

働くハードルが低いことから、Uber Eatsの配達パートナーは非常に人気があります。

働けるパートナー店の拡大に伴い、サービスのエリアも急ピッチで広がっています。


<稼ぐまでの流れ>

  • Uber Driverをポチッと押して仕事を受注

  • 店舗に料理を取りに行く

  • 注文者の指定場所へ配達


Uber Eatsの配達パートナーは18歳以上であれば、誰でも自分の好きな時間に自由に働くことができます

髪型、ヒゲ、髪色、ピアスなどは自由。

ただし清潔感だけは意識しましょう


登録はネットから簡単に行うことができ、面接などもありません。


Uber Eatsには保険があり、対人・対物への賠償や、傷害補償制度を提供。

入院費や医療費などの見舞金を保障してくれます。


<稼ぐ為のポイント>

  • 近場で効率よく多くの件数を配達すること

  • インセンティブ制度を利用すること

  • マクドナルドや吉野家などの店舗数が多いチェーン店は、配達先までの移動距離が近いので狙い目


1回の配達でだいたい500円くらいの報酬になるので、1時間で3・4件の配達をこなせば時給2,000円超も可能です。


副業でやれば融通の利くいい仕事。

本業でやれば会社員以上に稼げてしまう場合も、十分あります。

また、給料の支払いは週払いなので、急な出費の際にも安心ですね。


● Uber Eats配達パートナー登録ページ




<ほったらかしで月収100万円を継続的に稼ぐ方法>

アンリミテッドアフィリエイトで稼ぐ
アンリミテッドアフィリエイト24800円)は、月収100万円以上をほったらかしで稼げるアフィリエイトのやり方が、初心者むけにまとまっている教材です。

<素早く1万円~10万円を無料で稼ぐ方法>

モッピーで稼ぐ
モッピー登録無料)は、サービスの無料登録、カード・口座作成やゲーム、メール受信、広告クリックといったデータ入力作業で、すぐにお金を稼ぐことができます。
Copyright(c) 2012-2021 ネットでお金を稼ぐ方法大百科