ネットでお金を稼ぐ方法を比較してまとめた、無料のお金稼ぎ攻略サイト。小中学生の子供から主婦、お年寄りまでできるよう、わかりやすく解説。
トップネットのお金稼ぎ全般 > 現在のページ

Uber Eatsでお金を稼ぐ方法まとめ





今回は、Uber Eatsの配達パートナーがどれくらい稼げるのかを、見ていきます。


  • Uber Eatsの配達員ってどれくらい稼げるの?

  • 副業禁止の会社でも働くことは可能?

  • 配達員に必要なアイテム

  • 仕事の受注方法

  • 効率よく稼ぐコツ


この記事を読めば、Uber Eatsの配達員になって稼げるようになります。

これから、Uber Eatsで副業をしようと考えている方は、ぜひ参考にしてください。


目次

Uber Eatsとは?



Uber Eats(ウーバーイーツ)とは、ネットで料理を注文すると自宅まで届けてくれるサービスです。


<注文の仕組み>

  1. Uber Eatsのサイトから料理を注文

  2. Uber Eatsを通して店舗へ連絡が行き、配達員を手配

  3. 自宅までお届け


スマホの場合は、アプリをインストールすることで、いつでも・どこでも注文が可能となるので便利です。

注文の際には、無料の会員登録をしましょう。


● Uber Eatsアプリインストール(Appストア)


Uber Eatsはいわゆる「出前サービス」ですが、通常の出前とは少し違います。


  • 無数の店舗の中から、好きな店舗の料理を選べる → Uber Eatsのサイトには多くの店舗が登録しており、検索も簡単

  • 注文した料理が今どこにあるのかがリアルタイムに確認できる → Uber EatsアプリのGPSを通して、配達状況を見ることができる

  • 注文したい料理の写真が見れる → 写真を見て、注文の判断ができる


Uber Eatsで配達員として働きたい方は、18歳以上であれば誰でも登録することができます。


● Uber Eats配達パートナー登録ページ


Uber Eatsの配達員になるメリット



Uber Eatsでは、配達員のことを「配達パートナー」と呼びます。

理由は、配達員はUber Eatsに直接雇用されている訳ではなく、業務委託としてパートナー関係にあるからです。


Uber Eatsは通常のアルバイトとは違い、下記のようなメリットがあります。


  • シフト制ではないため、働きたいときに自由に働くことができる

  • 髪型やピアスなど、見た目も自由

  • 上司がいないので気がラク

  • やり方次第では時給2,000円以上も可能

  • 給料が週払い(急な出費にも困らない)

  • 副業禁止の会社でも、バレずに働くことができる


Uber Eatsの配達は「雨に濡れる」というデメリットがありますが、濡れたくない人は晴れている日だけお仕事をすればOK。

副業として、週末だけ稼働している人でも、月平均10万円くらいは稼げます


お仕事の流れ


簡単に、配達パートナーのお仕事の流れを紹介します。


  1. 料理の注文が入る

  2. 配達エリア内のパートナーに通知が届く

  3. 配達に行けるパートナーはアプリのボタンをタップ

  4. 店舗に料理を取りに行く

  5. 注文者に料理を届ける


働き方はとてもシンプル。

アプリで仕事依頼を受けてから、料理を配達するというシステムです。

専用アプリを通して報酬管理もします。


Uber Eatsの報酬の仕組み



Uber Eatsの配達パートナーの給料は、完全歩合制です。

時給制ではないので、配達をした分に応じて報酬がもらえるシステム。

一回の配達に要する時間は、平均10~15分程度と言われています。


報酬は週払いで支払われ、毎週日曜日締めです。

支払いの下限額などはありません。

なので、今週は1回しか配達できなかったという人でも、1回分の報酬が指定口座に支払われます。


配達パートナーの報酬は、以下の計算方法によって決まります。


基本料金-サービス手数料(10%)+追加報酬=報酬(手取り額)


追加報酬(インセンティブ)は、エリアや時間帯によっては発生しない場合もあります。


基本料金



上記が、基本料金の一覧表になります。


基本料金は、自地域の受取料金と受渡料金と距離料金の3つの合計によって決まります。

距離の計算は、料理を受け取った店舗から配達先までの距離となります。


たとえば、神奈川県で3kmの配達を行った場合、


  • 受取料金/250円

  • 受渡料金/120円

  • 距離料金/60円×3kmで180円


合計すると550円です。

なので、この場合の基本料金は550円となります。


料金の計算は、配達パートナー専用のアプリ(Uber Driver)で自動計算してくれるので、実際に自分で計算することはありません。


Uberサービス手数料


サービス手数料は、一律10%と決まっています。

先ほどの3kmの配達の例で計算すると、「基本料金550円-手数料10%=500円」となります。

なので、追加報酬が上乗せされなかった場合は、実際に手元に残る金額は500円となります。

この場合、1時間に3件以上配達をすると、時給1,500円以上が確定です。


追加報酬


追加報酬(インセンティブ)とは、上記の配達料金に上乗せして支払われる報酬のことです。

追加報酬は、手数料が引かれません。


追加報酬には、主に下記の3種類があります。


  • ブースト報酬

  • クエスト報酬

  • ピーク報酬


(1)ブースト報酬


ランチやディナーなどで、注文依頼が増える時間帯に発生するインセンティブです。

ブースト報酬が発生した地域は「×1.2」などの表示がされます。

この場合は、配送料の報酬が通常の1.2倍となります。


(2)クエスト報酬


土日や雨の日に発生する特別なインセンティブです。


  • 4回配達で+400円

  • 8回配達で+1,200円

  • 12回配達で+2,400円


8回まで達成で合計1,600円、全12回達成で合計4,000円の報酬をゲット!

このように、配達をした回数に応じて追加報酬を得られます。


クエストが発生する際は、事前にお知らせがあります。


(3)ピーク報酬


注文が集中している地域や時間帯に発生します。

発生時は、マップ上にオレンジ色の霧みたいなものが表示されます。

霧の色が濃い場所ほど、報酬が高くなります。


1回の上乗せで+400円になることもあるので、ピーク報酬を獲得することが報酬アップのポイントです。


Uber Eatsの配達員になる方法を解説!



Uber Eatsの配達パートナーになるには、Uber Eatsサイト内で登録をします。

18歳以上であれば、男女問わず誰でも簡単になることができます


パートナーになるにあたって、面接もなければ履歴書も必要ありません。

配達用として、自転車やバイクを使用する場合は、別途車両の登録要件があります。


● Uber Eats配達パートナー登録ページ


(1)専用アカウント作成


配達パートナーになるには、Uber Eatsの登録ページから登録してください。

登録するメールアドレスは、GmailやYahoo!メールのアドレスをおすすめします。


(2)車両登録


  • 徒歩(東京23区内のみ)

  • 自転車

  • 原付

  • オートバイ(125cc以上)

  • 軽自動車


これらの中から選択。


※オートバイ・軽自動車の場合は、事業用に限ります。


  • オートバイ → 緑ナンバー

  • 軽自動車 → 黒ナンバー


(3)本人確認


身分証明書の写真をアップロードします。

下記のいずれかを用意しましょう。


  • 運転免許証

  • マイナンバーカード

  • パスポート


(4)報酬受取用の銀行口座の登録


銀行口座の登録は、下記のように英語やローマ字で入力します。


  • 名前 → ローマ字 (例 HANAKO YAMADA)

  • 住所 → 英語表記 (例 1-1-1,Kawasaki City)


以上で、登録は完了です。


登録が完了すると、数日後にUber Eatsから「交通ルールクイズおよび質問事項」というメールが届きます。

すべての回答が完了すると、1~2日でアカウントが有効化されます。


アカウントが有効になれば、実際に配達をすることが可能となります。


登録時に必要なもの


登録時に必要なものを紹介します。

事前に用意しておくことで、スムーズに登録作業を行えます。


  • 身分証明書(運転免許証やマイナンバーカードなど、顔写真付きのもの)

  • 銀行口座(信用金庫、ネット銀行、ゆうちょ銀行の口座は不可)

  • ナンバープレート&自賠責保険証(バイクや自動車を選択した場合のみ)

  • 任意保険&車検証(自動車や125cc以上のバイクを選択した場合のみ)


なお、上記の必要書類はすべて写真でOKです。

スマホカメラで、全体が鮮明に映るように撮影して下さい。


詳しくは、配達パートナーの書類要件ページをご確認ください。


仕事の受注方法


Uber Eatsの配達依頼は、すべて「Uber Driver」というアプリを通して受注します。

なので、配達パートナーの登録と同時に、Uber Driverをインストールして下さい。


● アイフォン版・Uber Driver

● アンドロイド版・Uber Driver


アプリがオンラインの時にだけ、配達依頼の通知がくるシステムです。

アプリの「出発」ボタンを押すことでオンラインになります。


  • 配達に行ける → アプリ中央の丸いボタンを押せば、お仕事を受注できる

  • 配達に行けない → アプリ左上の「拒否する」ボタンを押す


Uber Driverはナビゲーション機能もあり、すべての業務を一貫して管理することができます。


Uber Eatsで稼ぐために必要なもの



以下に、Uber Eatsで稼ぐうえで役立つものを紹介します。


(1)保冷バッグ


保冷バッグに関しては、特に決まりがなく、Uber Eatsの文字が入っていないものでもOKです。

メルカリやAmazonで、お好きなものを用意して下さい。


(2)モバイルバッテリー


スマホを立ち上げている時間が長いので、かなりの充電を消耗します。

スマホの充電切れは仕事に影響しますので、使う事をおすすめです。


(3)ポケットWi-Fi


スマホを長時間オンライン状態にしているので、かなりのデータ通信を行います。

低速にならないための対策としておすすめです。


(4)スマホホルダー


多くの配達パートナーは、自転車・バイクを使って配達します。

ながら運転は、とても危険な行為であり、法律違反です。

この法律は、自転車にも適応されています。

なので、車両を使って配達を行う方は必ずスマホホルダーを装着してください。


(5)スマホの防水ケース


雨の日は、必然的に配達依頼が多くなります。

スマホを露出させたままだと故障してしまいますので、防水ケースがあれば便利です。


(6)タオル


接客をする身として、見た目の清潔さは非常に大事なポイントです。

夏場は、特に汗をかきます。

商品やお客様に汗が付着するのは、絶対NGですので気を付けましょう。


Uber Eatsで効率よく稼ぐコツ



お金を多く稼ぐためには、仕事の効率を良くすることが重要です。

効率よく稼ぐための3つのポイントを紹介します。


  • 自転車またはバイクを使う

  • 注文数の多い店舗の近くで待機

  • 追加報酬を狙う


1つずつ見ていきましょう。


(1)自転車またはバイクを使う


自転車やバイクを使うことで、短時間で多くの配達が可能となります。


  • 車両の登録が面倒くさい

  • ガソリン代がもったいない

  • ダイエットも兼ねて歩きたい


都内の一部エリアでは、徒歩も選択可能となったため、こういった考えの人たちも増えています。

しかし、それらはすべて非効率的です。


Uber Eatsの配達パートナーとして稼ぐためには、いかに多くの配達をするかがポイントとなります。

ガソリン代は経費として計上できるので、ご安心ください。


(2)注文数の多い店舗の近くで待機


少しでも短時間で、多くの配達をこなすためには、待機する場所が重要です。

ハンバーガーや牛丼のチェーン店などが密集している、繁華街の近くで待機をするように心がけましょう。


  • マクドナルド

  • 吉野家

  • スシロー


最近では、からあげ専門店も人気があります。

マクドナルドや吉野家は、お料理の提供も早いのでオススメです。


料理の提供が早いお店は、待機時間短縮となります。

なので依頼を選ぶときは、提供が早めの店舗を中心にしましょう。


(3)追加報酬を狙う


追加報酬を獲得すれば、報酬が上がります。


  • ブースト報酬

  • クエスト報酬

  • ピーク報酬


注文の殺到する時間帯(ランチタイム・ディナータイム)は、追加報酬が発生しやすいです。

なので飲食店の忙しくなる時間帯は、できるだけ配達をするようにしましょう。


副業禁止の会社員でもUber Eatsで働ける?



2018年「副業元年」より、働き方改革の一環として副業を推進する企業が増えてきました。

しかし、本業の業務に支障をきたすなどの理由で、まだまだ副業禁止の企業も多いです。


結論から言うと、副業禁止の会社員でも、会社にバレないように副業することは可能です。

※公務員の方に限っては、法律で禁止されているため副業をすることはできません。


会社にバレない方法とは?


副業をすると「住民税」の増加により、会社にバレてしまうと思っている人も多いでしょう。

しかし、副業の分だけを自分で納付してしまえば、まずバレることはありません。


副業がバレてしまう主な原因は、


  • 住民税の増加

  • 副業している姿を見られる

  • 誰かに話したことから噂となり、上司の耳に入る


なので、副業をしていることを誰にも話さず、副業分の住民税を自分で納付すればOKです。


確定申告の際は、普通徴収という方法をとりましょう。

普通徴収とは、副業の部分の税金だけを、自分で払ってしまう方法です。


もしも「見られる」という心配がある方は、副業中の変装をおすすめします。


  • 帽子をかぶる

  • マスクをする

  • だてメガネをかける(普段メガネの人は、コンタクトにする)

  • 普段とは違う髪型にする


確定申告に必要なもの


Uber Eatsの仕事は、バイトやパートと違い、業務委託となります。

なので、配達パートナーとなる場合は「個人事業主」や「副業」といったくくりになります。


  • Uber Eatsを副業として年間20万円以上稼いだ場合

  • Uber Eatsを本業として年間48万円以上稼いだ場合


上記どちらかに当てはまる場合は、確定申告が必要となります。

もしも確定申告をしなかった場合は法律違反となり、社会的ペナルティーを科せられますので注意しましょう。

稼いだ金額を明確にするためにも、Uber Eatsで働く場合は、報酬振り込み専用の口座を使うことをおすすめします。


Uber Eatsと出前館の違い



「Uber Eatsと出前館ってどこが違うの?」と気になりますよね。

両社の違いについて見ていきましょう。



<Uber Eatsの特徴>

  • 自由度が高く、登録が簡単

  • 追加報酬や保険制度など、付加価値も多い

  • 業務委託なので、一定金額を超えると個人で確定申告をしなくてはならない

  • 配達依頼は1時間で3~4件


<出前館の特徴>

  • 見た目に制限があり、必ず出前館の帽子を着用するルールがある

  • 業務委託以外の働き方も選べる

  • 追加報酬はないが、基本料金は高め

  • 配達依頼は1時間で2~3件


登録の簡単さ、追加報酬、配送依頼数などの条件の良さから、Uber Eatsの方がやや人気があります


  • バンドマン

  • 俳優の卵

  • 芸人さん

  • カラフルな容姿の美容学生


Uber Eatsは、見た目を変えることが難しい職種の方たちには、特におすすめなお仕事です。


Uber Eatsでお金を稼ぐ方法・まとめ



Uber Eatsの配達がどれくらい稼げるのか、稼ぎ方やコツなどを詳しく紹介してきました。


<稼ぐまでの流れ>

  1. Uber Driverをポチッと押して仕事を受注

  2. 店舗に料理を取りに行く

  3. 注文者の指定場所へ配達


Uber Eatsの配達のお仕事は、とにかく働くハードルが低いです。

髪型、ヒゲ、髪色、ピアスなども自由で、固定シフトもありません。

18歳以上であれば、男女問わずだれでも働くことができます。

ただし接客をするお仕事なので、清潔感だけは意識しましょう。


Uber Eatsには、万一の保証制度があるので、安心して働いてください。


<稼ぐ為のポイントは効率重視!>

  • 忙しい時間帯に稼働して、追加報酬をゲットする

  • お料理の提供が早い店舗を狙う

  • 店舗の集中している繁華街で待機する


副業としてのおすすめ度は、かなり高いです。

本気でやれば、本業以上に稼げてしまう可能性もあります

また、給料の支払いは週払いなので、急な出費の際にも安心ですね。


Uber Eatsの仕事は「業務委託」となるので、確定申告は忘れずに行いましょう。

やり方次第では、会社にバレません。

確定申告の際は必ず、「普通徴収」という方法をとりましょう。


● Uber Eats配達パートナー登録ページ




<ほったらかしで月収100万円を継続的に稼ぐ方法>

アンリミテッドアフィリエイトで稼ぐ
アンリミテッドアフィリエイト24800円)は、月収100万円以上をほったらかしで稼げるアフィリエイトのやり方が、初心者むけにまとまっている教材です。

<素早く1万円~10万円を無料で稼ぐ方法>

モッピーで稼ぐ
モッピー登録無料)は、サービスの無料登録、カード・口座作成やゲーム、メール受信、広告クリックといったデータ入力作業で、すぐにお金を稼ぐことができます。
Copyright(c) 2012-2021 お金稼ぎウィキ