ネットでお金を稼ぐ方法を比較してまとめた、無料のお金稼ぎ攻略サイト。小中学生の子供から主婦、お年寄りまでできるよう、わかりやすく解説。

テクニカル分析の基本
<投資でお金を稼ぐ方法・テクニカル分析講座1>


FXの分析では、チャートとよばれるグラフを使います。

チャートは、時系列順に過去の株価や為替レートを表示します。

短期投資・デイトレードなどで重要になるテクニカル分析は、このチャートを分析することが中心となります。


投資のデイトレードの性質まとめでも述べていますが、テクニカル分析は心理的な要素が強く、不完全なものです。

分析がはずれることも、もちろんあります。

株やFXに慣れていない方は、チャートによる分析は、参考程度にとどめておきましょう。


四本値について


チャートを分析する上で最初に覚えておきたいものは、四本値です。


始値1日の1番最初の取引額(前場と後場の最初の取引額)
終値1日の1番最後の取引額(前場と後場の最後の取引額)
高値1日で1番大きな取引額
安値1日で1番小さな取引額

始値(はじめね)、終値(おわりね)、高値(たかね)、安値(やすね)の4つがあります。

特に始値は寄り付き値、終値は引け値・大引けとも言います。

それぞれ株価や為替レートなどの価格の中でも、特異となる価格を示しています。


ローソク足の四本値の見方


代表的なチャートのグラフのひとつとして、ローソク足があります。

白い四角(陽線)であれば、一日の株価・為替レートはあがっています

この場合、四角の一番上は終値となり、一番下は始値です。

いっぽう黒い四角(陰線)だと、一日の株価・為替レートはさがっています

四角の上が始値となり、下が終値です。

またそれぞれ、四角の上下につく線(ひげ)の一番上が高値、一番下が安値になります。


ローソク足


ローソク足の種類その後の価格の推移傾向
大陽線あがる
大陰線さがる
小陽線あがる
小陰線さがる
上影陽線さがる
上影陰線さがる
下影陽線あがる
下影陰線あがる
陽の丸坊主あがる
陰の丸坊主さがる
塔婆さがる
トンボあがる

小陽線・小陰線はコマとも呼び、塔婆やトンボのように始値と終値の同じローソク足を、寄引同時線とも言います。

他にも以下のようなローソク足があります。


トンカチ(陽の寄付坊主)高値>終値>安値=始値
トンカチ(陰の大引坊主)高値>始値>安値=終値
カラカサ(陽の大引坊主)終値=高値>始値>安値
カラカサ(陰の寄付坊主)始値=高値>終値>安値

出来高について


出来高とは、取引量のことです。

たとえば株の売買が500株あれば、500株の出来高です。

出来高を見ることで、その金融商品の流動性を見ることができます。

出来高が高いほど、その金融商品は売買が活発、と言えます。


出来高=売買代金合計÷株価・為替レート


株価・為替レートなどの価格があがれば、基本的に出来高も増えます。

また多く、価格変動に先行して出来高は動きます

出来高の高い低額の商品なら価格があがりやすいですし、出来高の低い高額の商品なら価格がさがりやすいです。


買いシグナルと売りシグナル


テクニカル分析を進めるにあたって、金融商品の買い時・売り時というのが、明確にでてくることがあります。

このとき買い時の特徴を買いシグナル、売り時の特徴を売りシグナル、と呼びます。


■ 次ページ 移動平均線とトレンドラインによる分析


<関連ページ>


<期間限定・当サイトからの無料プレゼント>

*メールアドレス
*名前
12月31日まで限定で、当フォームから当サイトの無料メルマガに登録してくださった方に、プレゼント「成功するためには苦痛を快楽にせよ」を無料配布中です。

<素早く1万円~10万円を無料で稼ぐ方法>

モッピーで稼ぐ
モッピー登録無料)は、サービスの無料登録、カード・口座作成やゲーム、メール受信、広告クリックといったデータ入力作業で、すぐにお金を稼ぐことができます。
Copyright(c) 2012-2017 ネットでお金を稼ぐ方法大百科