ネットでお金を稼ぐ方法を比較してまとめた、無料のお金稼ぎ攻略サイト。小中学生の子供から主婦、お年寄りまでできるよう、わかりやすく解説。

投資をはじめる前に気をつけたい心構え
<投資でお金を稼ぐ方法・初心者マニュアル1>



当ページでは初心者むけに、投資をはじめる上での心構えを書いています。


投資はお金持ちしかできない、知識がないとできない、という印象がありますが、実際の所は、月収20万円前後の平均的なサラリーマンや忙しい人でも、毎月1万円程度の小額のつみたてからはじめていき、大量の資産を形成することができます

極端な話が、500円から投資できる商品もありますので、フリーターや、小中高生の子供でもできます

(投資に必要な証券口座の開設には、年齢制限がありません)


(1)銀行預金を含め、すべての資産にはリスクがある


これは銀行預金も含めて言えることですが、完全に元本(あずけいれたお金)が保証されている資産なんてものは、この世には存在しません

もっと深くつきつめていけば、元金というよりも、その資産が持っている価値は、永続的に続くという保証がないのです。


哲学的な話のように思いますが、これはお金を稼ぐうえでは、非常に重要なことです。

● お金の正体とお金を稼ぐということの意味(参考記事)

世の中のありとあらゆる資産が、リスク&リターンで構成されています。

それぞれの資産形態には必ずメリットと、それに相応するデメリットがあることを、認識しておきましょう。


(2)あなたの目的に応じて投資スタイルは大きく変わる


投資は、主に下の3つの手法にわかれます。


長期投資 → 銀行預金並の安定性を確保しつつ、銀行預金よりも良い利回りを狙うローリスクタイプ

中期投資 → 特定の分析をおこない差益を狙うミドルリスクタイプ

短期投資 → ギャンブル要素を入れて一気に大きな稼ぎを狙うハイリスクタイプ


長期投資であれば知識がなくても誰でもすぐに開始できます。

中期投資はそこそこ知識を身につけることで開始できます。

短期投資は知識と技術を身につけた上で、時間、そして運がなければ稼ぐことはできません。


投資というのも現在は多様化しており、いろんな使い方ができるのです。

投信のように貯蓄の利回りを大きくしたい人向けのサービスもあれば、FXデイトレードのようにレバレッジをかけて一攫千金を狙えるサービスもあります。


あなたはなぜ投資をするのか

その目的にあわせて、投資する金融商品を決めていきましょう。

乱雑にいろんなものに投資すると、絶対に損をすることになります。

貯蓄が目的なら貯蓄、ギャンブルが目的ならギャンブル、と自分の心の中でけじめをつけておくことが大切です。


基本的に初心者や忙しい人は、長期投資が大前提です。

銀行口座の預金よりも良い利回りの運用状態を目指して、老後資金などのお金を堅実に増やしたいという場合には、投資信託や海外ETFを使って、ローリスクでリスクコントロールしていきます。


(3)投資の効率を知ろう


投資の効率がいいかどうかは、どれだけ自分のお金を投資に使うかで決まります。


<投資で稼げるお金の目安の例>

通常の銀行預金 → 年利0.02%

長期投資 → 年利7%以上(投信海外ETFの単純利用)

中期投資 → 年利15%以上(分析して個別にを購入)

短期投資 → 年利100%以上(FXなどの証拠金取引でレバレッジをかける)


たとえば100万円の運用なら、銀行の普通預金は年利0.02%で、年に200円の利益が発生します。

いっぽう長期投資の投資信託(グローバルバランス型)は平均年利7%で、年に7万円の利益が発生します。

安定性が高いという意味では似た資産である銀行預金と投資信託でも、これだけの違いがあるということを、まずは知っておきましょう。


また投資信託で1000万円を運用すると年間70万円の利益、1億円を運用すると年間700万円の利益が発生します。

普通の仕事は月収20万円などと、もらえるお金が決まっています

しかし投資は、使うお金の何%かが稼ぎとして還元される、という仕組みです。

だから投資では具体的に月収●●万円などと、もらえる稼ぎがしっかり決まっているわけではありません

こうした面からも「投資はお金持ち向け」と言われるわけです。


しかし1億円程度なら、普通のサラリーマンでも少額の資産運用を、数十年間つづけることで、稼ぐことができてしまいます

具体的に言えば毎月3万円程度の積立を45年間つづければ、およそ1600万円程度の元金となり、その資産運用で8400万円を稼ぐことができます。

これであわせて1億円の資産形成です。


1億円というのが、やはりちょっとしたボーダーラインです。

1億円を投資に使えれば、上述のような年間700万円という、生活に困らないだけのお金を、効率的に資産運用だけで調達できるようになります。

忙しい人や普通の人でも1億円の資産を形成するためのプランについては、具体的に次のページで載せています。


(4)本職を持っておくべき


基本的に投資そのものを本業にするべきではありません。

よほどの運と実力をかねそろえた人でないかぎり、いわゆるデイトレードなどで一気に稼ぎをあげることはできません。


やはり余裕資金で投資することが重要で、そのためには本職の仕事を持っていることが大前提です。

大きな額を取引する場合でないかぎり、正直投資についやす時間を、もっと別のことについやしたほうが、お金稼ぎの効率自体は良いです。


当サイトでは短期投資の攻略も取り扱っていますが、前述のように、投資初心者は長期投資が基本となりますので、投資の初心者マニュアルでは、長期投資を軸に話を展開しています。

長期投資は知識がなくて忙しくても、誰でもできる方法です。

次ページでその方法を、単純明快に掲載しています。

本職があって忙しい人は、次のページの投資法さえ読んでしまえばOKです。


■ 次ページ 忙しい人でも1億円稼げる投資法


<関連ページ>


<期間限定・当サイトからの無料プレゼント>

*メールアドレス
*名前
12月31日まで限定で、当フォームから当サイトの無料メルマガに登録してくださった方に、プレゼント「成功するためには苦痛を快楽にせよ」を無料配布中です。

<素早く1万円~10万円を無料で稼ぐ方法>

モッピーで稼ぐ
モッピー登録無料)は、サービスの無料登録、カード・口座作成やゲーム、メール受信、広告クリックといったデータ入力作業で、すぐにお金を稼ぐことができます。
Copyright(c) 2012-2016 ネットでお金を稼ぐ方法大百科