ネットでお金を稼ぐ方法を比較してまとめた、無料のお金稼ぎ攻略サイト。小中学生の子供から主婦、お年寄りまでできるよう、わかりやすく解説。

JCB THE CLASSの使い方・評価まとめ


● JCB THE CLASS


カード名 JCB THE CLASS
オススメ度 ★★★★★★
年会費 税別5万円
入会費 無料
ポイント Oki Dokiポイント(基本1P=5円)
ポイント還元率 0.5%(1000円の利用で1P付与)
国際ブランド JCB
海外旅行保険 自動付帯
締め日 15日
引落日 翌月10日
入手方法 招待制

目次

JCB THE CLASSの特徴・コツ一覧


  • 全JCBカードの頂点。JCBオリジナルシリーズ・プロパーのブラックカード当サイト管理人一番のオススメブラックカード

  • 他のブラックカードと比較してコスパが良く、年会費ぶんを簡単にサービス面で回収できる。

  • マイル還元がうかないことを除けば、ブラックカードとしては非常にオールマイティーかつ低コストコンシェルジュグルメ半額優待のグルメ・ベネフィット、プライオリティ・パス2人分の無料化、高額の旅行保険補償額、ディズニーランド優待などが特色。

  • JCBゴールドから長年クレヒスをつむことで、インビテーションがくるカード。

  • ディズニーランド関連の優待が充実。中でもメンバーズ・セレクションのクラブ33招待、ラウンジ招待、宿泊時スイートルーム割引の3点が有力。

  • ラウンジ優待はディズニーランド以外に、USJでも使用可能。

  • レストラン優待に、ダイニング30、ザ・クラス・ダイニング、グルメベネフィットの3点がある。特にグルメベネフィットでは、2名以上予約時に1人ぶんのコース料金が無料化する。

  • ブラックカードの中ではポイント還元率は低い。(アマゾン等での使用は基本還元率1.5%)

  • 海外旅行時のケガ・病気の補償額が最大1000万円と、最上級の保険がつく。

  • コンシェルジュは24時間対応。店やホテル選びの代行程度であれば、快適に機能する。

  • 空港ラウンジとプライオリティ・パスが、同伴者1名も無料で使える

  • 「JCBプレミアムステイプラン」や「海外ラグジュアリーホテルプラン」による宿泊優待・割引がある。

  • 「JCB HOMEサポートクラブ」で、家事代行の手配が可能。(2017年3月終了)


JCB THE CLASSの基本情報


JCB THE CLASS(ザ・クラス)は、JCBカード・オリジナルシリーズの中でも最上級のJCBプロパーカードで、あらゆるJCBブランドのカードの中でも、王者に君臨するクレジットカードです。

日本に存在する5つのブラックカードのうちのひとつでもあります。

人によっては、その安い年会費からプラチナカード扱いする人もいますが、旅行保険などのサービス内容は、他のブラックカードであるダイナース・プレミアムカードなどに、ひけをとりません。


ただしポイント還元率については標準の0.5%であることに、気をつけます。

マイルをためたいという場合には、アメックスダイナースのプロパーといったカードのほうがむきます。

またJCBスターメンバーズでの優遇は、下位カードのJCBゴールド・ザ・プレミアと変わりません。


ポイント還元や保険、その他のJCB・OSプロパーの下位カードについては、JCBカード・オリジナルシリーズの使い方・評価まとめを参考にしてください。



JCB最上級カードということもあり、提携先の東京ディズニーリゾートの優待が、非常にすぐれたカードとしても有名です。

ディズニーランドファンであれば、ぜひ入手したいブラックカードです。


JCB THE CLASSの入手方法


JCBザ・クラスは、完全にインビテーション制です。

昔であれば40歳以上、かつ一定年収が必要という条件のもとでの申込制でしたが、現代では基準が変化。

ザ・プレミアの招待基準と比較すると条件が曖昧になりますが、基本は以下のとおり。


  • JCBゴールドかJCBゴールド・ザ・プレミアで、カード利用決済額が3年連続(3年前12月16日~12月15日)で100万円以上


当然支払額が多いにこしたことはなく、年間150万円~200万円と使っていったほうが、招待される可能性は高くなります。

ただしJCBのインビテーションでは、年間利用額よりも、カード利用の年数のほうが重視されます

おそらく1年で500万円使うよりも、5年間で毎年100万円を決済していったほうが、招待率は高くなります。


ザ・プレミアも、ザ・クラス同様インビテーション制です。

普通に「JCBゴールド → JCBゴールド・ザ・プレミア → JCBザ・クラス」とインビテーションをもらっても問題ありませんが、「JCBゴールド → JCBザ・クラス」という形で、ザ・プレミアをはぶくこともできます。


クレジットカードで固定費の各種支払いをしている場合、カード番号や有効期限の設定を変える面倒がありますので、最終的にザ・クラスを目指すのであれば、ザ・プレミアをはぶくのも選択肢のひとつです。


特例として、自分から「JCBザ・クラスが欲しい」と電話で申請することもできます。

いわゆる「突撃」とよばれる行為ですが、もちろんその場合でもOSカードの利用履歴が重視されます。

利用履歴は十分なのに、ぜんぜんJCBザ・クラスのインビテーションがこない、という場合に、突撃はオススメになる手法です。


いずれにせよ原則として、3年連続の年間100万円カード決済が前提とあることは、覚えておきます。

そしてまずは、JCBゴールドに入会することが大前提です。


メンバーズ・セレクションについて


JCBザ・クラスの特典として、まずは目玉のメンバーズ・セレクション(略称メンセレ)があります。

年1回につき、選んだプレゼントがJCBから送られます

メンセレの具体的なプレゼント内容は年々変わりますが、基本的に以下のコースがあります。


  • テーマパーク&トラベルコース

  • 厳選ギフトコース

  • グルメ&ステイコース


厳選ギフトコースでは、地球儀や望遠鏡、肉、米など、特定のアイテムと交換が可能。

グルメ&ステイコースでは、さらにホテルセレクションとレストランセレクションがあります。

ホテルセレクションは特定の高級ホテルで、1室2人分の1泊が無料化。

レストランセレクションでは、特定の高級レストラン2人分1食が無料化します。


本命となるのがやはりテーマパーク&トラベルコースで、基本的には以下から選べます。


  • JCBトラベルクーポン

  • 東京ディズニーリゾートチケット4枚

  • クラブ33招待券2人分と東京ディズニーリゾートチケット2枚


ディズニーランドファンにとっておそらく一番ほしいものが、この「クラブ33招待券」です

これだけのために、JCB THE CLASSの所有を目指すディズニーファンは多いです。

クラブ33(サーティースリー)はディズニーランド内にある会員限定レストランで、一般人には入れないレストランです。

しかしこちらのJCB THE CLASSのメンバーズセレクションを使えば、抜け道として一般人でも入れます。


<クラブ33の特徴とメンセレ利用時のできること>

  • ディズニーランドで唯一お酒が飲めるレストラン

  • フレンチのコース料理2人分が無料

  • 転売禁止の限定レアグッズ商品が買える

  • パレードが見れる


レアグッズには、ディズニー商品も含まれます。

秘匿性を要求されるレストランですので、買ったレアグッズや店員の写真をネット上に掲載するのは、原則禁止とされています。

なおクラブ33でミッキーと写真をとれるのは、正式なクラブ33会員限定で、誕生日の人のみです。


ちなみに2016年からは、クラブ33招待券は抽選制になっています。

JCB THE CLASS会員を含めて原則2人しか入れず、夫婦であっても3人目として子供をつれていくのは、不可能となりました。

以前であれば予約は最大8人までOKでしたので、だいぶ厳しい条件となっています。


なお抽選にはずれた場合は、他のメンセレからプレゼントを選ぶことになります。


どのメンセレを選んでも、基本的にはJCB THE CLASSの年会費5万円の半分ほどは、とりかえせる計算です。

たとえばディズニーチケット4枚をもらう場合は、2017年現在で1枚7400円ですので、4枚で2万9600円。

実質的なJCB THE CLASS年会費を、3万円ほどさげることができる計算になります。


クラブ33を中心に、メンセレは積極的に利用すべきでしょう。


ディズニーリゾートラウンジ招待券


東京ディズニーリゾート特別情報」を使うことで、年に1回だけ、東京ディズニーランド・東京ディズニーシー内ラウンジの招待券を確保できます

「JCBラウンジご招待券」をメンバーズデスクに電話することで、予約が可能。

原則として、同伴者は3人までです。


ラウンジでは、以下のことができます。


  • 休憩

  • ソフトドリンクが飲み放題

  • 特定のアトラクションに並ばず搭乗できる


靴をぬげるキッズスペースがありますので、家族連れでも非常にオススメです。


現在JCBラウンジが利用できるアトラクションは、ディズニーランド内の「スターツアーズ」のみ。

2017年春から、ディズニーシーの新アトラクション「ニモ&フレンズ・シーライダー」で、JCBラウンジが設置予定。

過去のJCBラウンジは、ランドで「キャプテンEO」や「ミクロアドベンチャー」、シーで「ストームライダー」がありました。


原則、JCBがスポンサーとなっているアトラクションでしか使えないことに気をつけます。

ファストパスいらずで、並ばずにアトラクションにのれるのが、非常に魅力です。

搭乗時間がくるまでは、ラウンジにて休憩が可能です。


なお、関西のユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)でも、「ザ・フライング・ダイナソー」にJCBラウンジが設置されており、予約によって優待をうけることができます。


ディズニーホテルのスイートルーム優待


JCBザ・クラスには、「ディズニーホテル・スイートルームご優待プラン」があります。

このサービスを使うことで、ディズニーアンバサダーホテルやホテルミラコスタ、東京ディズニーランドホテルのスイートルームが、20%~40%オフの割引で利用できます。

割引対象のスイートルームは、以下のとおり。(2017年時点)


<ディズニーアンバサダーホテル>

パノラマ・スイート(バリュー)106,000円 → 74,200円
パノラマ・スイート(レギュラー)116,000円 → 81,200円
パノラマ・スイート(ピーク)128,000円 → 89,600円
パノラマ・スイート(トップ)132,000円 → 92,400円
ミッキーズ・プレミア・スイート175,000円 → 105,000円
ファンタジア・スイート175,000円 → 105,000円
ミッキーズ・ペントハウス・スイート300,000円 → 210,000円

<東京ディズニーシー・ホテルミラコスタ>

ポルト・パラディーゾ・スイート175,000円 → 122,500円
ミラコスタ・スイート250,000円 → 175,000円
イル・マニーフィコ・スイート500,000円 → 300,000円

<東京ディズニーランドホテル>

ディズニー・マジックキングダム・スイート250,000円 → 175,000円
ウォルト・ディズニー・スイート500,000円 → 300,000円

アンバサダーホテルのパノラマ・スイートは、時期によって値段が変わります。


たとえばディズニーランドのホテルで最も名高いスイート「ウォルト・ディズニー・スイート」は、2人で1泊通常50万円。

これが30万円となり、20万円ほど値引きされます。

他、イル・マニーフィコ・スイートでも50万円が20万円値引きで30万円になるなど、大幅な値引きがあります。


ディズニーランドのホテルでスイートルームに泊まる機会がある場合は、JCBザ・クラスは徹底的に利用していくべきです。


JCB THE CLASSのレストラン優待


JCBザ・クラスには、レストラン関連で以下の優待があります。


  • ダイニング30

  • ザ・クラス・ダイニング

  • グルメベネフィット


ダイニング30による代金30%割引。

ザ・クラス・ダイニングによる飲食店予約。

さらに特定高級レストランのコース料金を2人以上で予約すると、1人分の料金が無料化するサービス「グルメベネフィット」があります。


割引率は単純計算で、3人以下で利用する場合はグルメベネフィットが。4人以上で利用する場合は、ダイニング30のほうがお得となります。


なおダイニング30は、下位カードのJCBゴールド・ザ・プレミアでも利用可能。


2015年までは、JCBゴールドでも別途税別2万円の年会費を支払えば、グルメベネフィットが利用可能でした。


その他JCB THE CLASSの特典


宿泊、交通手段、食事、娯楽などの手配・予約をしてくれるコンシェルジュサービスがあるのはもちろん、ゴルフエントリーサービスや、コナミスポーツクラブ、大相撲観戦での優待があります。


京都駅ビル内のJCBラウンジが利用できる、プライオリティ・パスが使える、プレミアム・ステイのホテル優待といった点は、下位カードのJCBゴールド・ザ・プレミアと同じです。


<関連ページ>


<期間限定・当サイトからの無料プレゼント>

*メールアドレス
*名前
12月31日まで限定で、当フォームから当サイトの無料メルマガに登録してくださった方に、プレゼント「成功するためには苦痛を快楽にせよ」を無料配布中です。

<素早く1万円~10万円を無料で稼ぐ方法>

モッピーで稼ぐ
モッピー登録無料)は、サービスの無料登録、カード・口座作成やゲーム、メール受信、広告クリックといったデータ入力作業で、すぐにお金を稼ぐことができます。
Copyright(c) 2012-2017 ネットでお金を稼ぐ方法大百科