ネットでお金を稼ぐ方法を比較してまとめた、無料のお金稼ぎ攻略サイト。小中学生の子供から主婦、お年寄りまでできるよう、わかりやすく解説。

世界経済インデックスFの稼ぎ方・攻略法まとめ


● 世界経済インデックスファンド


<当サイト管理人の世界経済インデックスファンド運用成果>

世界経済IF・通常型世界経済IF・株式シフト型
元金の預金累積額320,000円980,000円
増加・減少額+29,961円+108,233円
利回り+9.36%+11.04%
毎月の預金額30,000円30,000円

(最新の運用成果の詳細は当サイトの収入実績をご覧ください)


世界経済インデックスFで稼ぐ方法・ポイント・コツ一覧


  • 若年層に一番オススメできる無期限ファンド

  • 忙しい人むけで、ほったらかしで銀行預金のように投資ができる。(詳細は忙しい人でも1億円を達成する投資プラン参照)

  • 毎月500円から積立可能。

  • 堅実な長期の積立でパフォーマンスを発揮し、短期の一攫千金にはむかない。

  • 世界経済に分散投資しているため、下値支持線が必ず働き、塩漬け状態になることはない。

  • 税金は源泉徴収あり特定口座で自動的にひきおとすことが可能。

  • 円安で差益が発生する。

  • セゾン投信同様、国内産バランス投信の中でも日本への投資比率が低め。

  • SBI証券楽天証券マネックス証券カブドットコム証券などで買える。

  • 株75%・債券25%株式シフト型も登場しており、さらにリスク・リターンをかけたい場合にオススメ。

  • 確定拠出年金に対応したDC世界経済インデックスファンドがある。


世界経済インデックスファンドの基本情報


世界経済IF(インデックスファンド)は三井住友TAMによる投資信託です。

セゾン投信のセゾン・バンガードGBF同様、世界経済IFの利用は、当サイトでもっともオススメしている放置系投資法のひとつとなります。

忙しい人は、ぜひSBIや楽天などで口座開設の上、利用してみてください。

管理人はSBI証券を使って、世界経済IFの通常版と株式シフト型の2つに、積立をおこなっています。


運用形式インデックス型
ファンド形式ファミリーファンド形式
投資形式追加型
信託期間無期限
設定日2009年1月16日
決算年1回の無分配・再投資型
純資産残高40億円(2014年時点)
買付手数料無料(ノーロード)
信託報酬0.525%(消費税8%変更後は0.54%)
信託財産留保額0.1%

<世界経済IFの買付方法と値段>

最低購入単位
口数買付1万口1口
金額買付1万円1円
積立買付500円1円

<世界経済IFの投資対象と比率>

(1)先進国株式

マザーファンド名外国株式インデックスマザーファンド
連動指数MSCIコクサイ・インデックス
投資割合29.3%

(2)新興国株式

マザーファンド名新興国株式インデックスマザーファンド
連動指数MSCIエマージング・マーケット・インデックス
投資割合16.1%

(3)日本株式

マザーファンド名国内株式インデックスマザーファンド
連動指数TOPIX
投資割合5.6%

(4)先進国債券

マザーファンド名外国債券インデックスマザーファンド
連動指数シティグループ世界国債インデックス
投資割合27.8%

(5)新興国債券

マザーファンド名新興国債券インデックスマザーファンド
連動指数JPモルガン・GBI-EM・グローバル・ディバーシファイド
投資割合15.9%

(6)日本債券

マザーファンド名国内債券インデックスマザーファンド
連動指数NOMURA-BPI
投資割合3.9%

FF形式で、三井住友TAM内の6つのマザーファンドに投資しています。

株式50%・債券50%の投資比率ですが、新興国の投資比率が30%をこえるため、同じバランス型投信であるセゾン・バンガードGBFと比べると、ハイリスク・ハイリターン化することに注意します。

ですので世界経済IFはもっぱら、若年層にオススメしています。

さらにリスクをかけてもいいという場合には、2013年11月に株75%・債券25%の株式シフト型が誕生しましたので、そちらもオススメです。


<世界経済IFの純資産残高・騰落率の大まかな推移>

純資産残高騰落率
2009年5億31.97%
2010年10億-3.67%
2011年15億-8.23%
2012年20億24.41%
2013年30億12.05%
2014年40億

純資産残高、基準価額、ともに階段状に上昇しつづけています。

2008年のリーマンショック以降に作られたファンドなため、世界経済に分散投資しているファンドとしては例外的に、大きなへこみはありません。

ルーキーなだけあってセゾン投信と比較すると、やはりまだ純資産残高が少ないのですが、今後、さらに上昇が期待されます。


信託報酬は通常販売されている投資信託としては善良で、0.5%代

2012年4月までは0.63%の信託報酬でしたが、それ以降は0.525%にさがっています。


<世界経済IFの信託報酬配分と該当会社>

全体の信託報酬0.525%
販売会社0.2625%
委託会社0.21%
受託会社0.0525%

  • 販売会社 → SBI証券・楽天証券・マネックス証券・カブドットコム証券など

  • 委託会社 → 三井住友トラスト・アセットマネジメント株式会社

  • 受託会社 → 三井住友信託銀行株式会社


<関連ページ>


<ほったらかしで月収100万円を継続的に稼ぐ方法>

アンリミテッドアフィリエイトで稼ぐ
アンリミテッドアフィリエイト24800円)は、月収100万円以上をほったらかしで稼げるアフィリエイトのやり方が、初心者むけにまとまっている教材です。

<素早く1万円~10万円を無料で稼ぐ方法>

モッピーで稼ぐ
モッピー登録無料)は、サービスの無料登録、カード・口座作成やゲーム、メール受信、広告クリックといったデータ入力作業で、すぐにお金を稼ぐことができます。
Copyright(c) 2012-2017 ネットでお金を稼ぐ方法大百科